2020年4月11日 ドル円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとB囲まれた縦じまの部分が雲です♪

 


 

こんにちは♪

 

今日は土曜日で相場は止まっていますが、本日の記事の更新です♪

 

クロス円は続伸をたどる銘柄が多いです。

 

その中でも少し下落に向かっている銘柄もあります。

 

今日は少し下落に向かっているドル円について分析予想していきたいと思います♪

 

では早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

 

 

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートのエリオット波動は今はいったん省かせていただきます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、以前から言っていたピンクのラインで反転している可能性が高いです(前回と色分けは変わっています)。

 

ピンクのラインで反転している場合は、まだ起点のラインを切っていないので、とらえ方としては続伸の可能性もあります。

 

前回言ったように高値の更新をまだ見せていないので、このまま更新していかなければ、ピンクのラインを切るダウントレンドに入っていく可能性が高いです。

 

もし高値の更新をしていくことがあれば、ダウントレンドに入ってもピンクのラインは切らない可能性があります。

 

4時間足の一目均衡表は、雲を下抜ければ、三役逆転になります。

 

なので、可能性としてはピンクのラインを切っていく可能性が高いとみています。

 

一目均衡表の雲もよく見ればすでに下抜けているように見えるので、ここから下落には注意しておきたいところですね♪

 

そして、ここで高値を更新せずにダウントレンドに入っていくと日足でもダウントレンドに入っていく可能性が高いです。

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう。

 

 

 

日足のチャートです。

 

日足のチャートのエリオット波動も少しカウントが難しいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、4時間足の前回での反転ポイントのオレンジのラインで反転している可能性が高いです。

 

オレンジのラインで反転している場合はまだ起点を切っていないのでアップトレンドととらえることはできます。

 

ただ、4時間足はダウントレンドに入っていく可能性が高いので、可能性としては、日足もダウントレンドに入っていく可能性が高いです。

 

日足がここからダウントレンドに入っていくとなると、オレンジのラインを切っていく可能性があります。

 

なので、そうなると、大きな下落につながる可能性があります。

 

もちろん4時間足がダウントレンドに入っていかない場合は、日足でもアップトレンドの継続ということにはなります。

 

ですが、4時間足は下落の可能性のほうが高いことから、日足も下落の可能性で今のところは見ています。

 

日足の一目均衡表は、今のところシグナルはバラバラですが、このままダウントレンドに入っていく可能性をたどるなら三役逆転になり下落していくことになると思います。

 

そしてオレンジのラインを切って下落していく可能性があるとなると週足に関しても、大きく影響してくることになります。

 

週足のチャートを見ていきましょう。

 

 

週足のチャートです。

 

週足のチャートのエリオット波動は少しカウントが難しいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では紫のラインもしくはオレンジのラインで反転している可能性が高いです。

 

紫のラインで反転している可能性をたどるなら、オレンジのライン地点で反転ポイントに入っているにもかかわらず反転していないということになります。

 

ということは、まだ底を付けていないということになるので、底を付ける可能性もあります。

 

そうなるとオレンジのラインを切って下落していくことになります。

 

その場合は、今の日足や4時間足のダウントレンドに入っていくのも辻褄が合います。

 

ですが、紫のラインで反転している可能性をとるなら早々に底を付けていかなければ、イレギュラーになってしまうので可能性としては低いと思います。

 

ということは、オレンジのラインでの反転の可能性が高いということになります。

 

オレンジのラインで反転している場合は、ここを切らない限りは、上昇の可能性が高いです。

 

ですが、日足ではオレンジのラインを切っていく可能性が高いと出ています。

 

反転したので上昇していく可能性が高いはずですがここを切っていく可能性が高いとなります。

 

ということは、週足もダウントレンドに入っていく可能性が高いということになります。

 

週足の下落の可能性をたどるなら、大きな下落の可能性も十分にあります。

 

ただ、4時間足でも言ったように4時間足がダウントレンドに入らなければ上昇の可能性も残していくことになると思います。

 

週足では、紫のラインの可能性は自然ではないので、可能性としては低く見ていますが、底を付けて、上昇していく可能性もあるので頭の片隅にでも置いておいてください。

 

全体的に見てドル円相場は下落が強めです。

 

多少の上昇余裕はあるかもしれませんが、下落してく可能性のほうが高いと出ているので、ロングを入れるタイミングではないことはわかると思います。

 

なので、今の狙いはショートです♪

 

週明けの様子を見ながら、ショートを狙っていきたいと思います♪

 

ということで今日の分析は以上です♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメント

  1. のんちゃん コメント

    こんばんは
    分かりやすい分析、ありがとうございます!
    テクニカル分析がまだまだ未熟なので、勉強になります。少しでも近づけるよう努力します。
    今後共よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です