2月 29th, 2020

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定でテクニカル分析について書いた無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとB囲まれた縦じまの部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

今日はポンド円についてです♪

 

ポンド円は先日の分析で行っていた通り、安値の更新を見せました。

 

そして想定通り日足はイレギュラーを起こしましたね♪

 

これにより次のエントリーポイントが見えてきました♪

 

早速4時間足から詳しく見て行きましょう♪

 

 

 

 

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートのエリオット波動はダウントレンドの3波に位置している可能性が高いです♪

 

3波ということはまだ下落していく可能性を残していることになります。

 

そしてエリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのラインで反転している可能性が高いです♪

 

ピンクのラインで反転している可能性を辿る場合は、そこじかんがはもう少し先になります。

 

ですので4時間足単体で見ると、まだ安値の更新をしていく可能性が高いということがわかると思います。

 

4時間足の一目均衡表は、全てが逆転のシグナルになっています。

 

ですが、転換線と基準線が近くなってきているので、反転の可能性も想定していかなければいけません。

 

ただ、4時間足単体ではそれ以外に反転を示唆するシグナルはありません。

 

なぜ反転に向かう可能性を想定しなければいけないのかは日足と週足を見るとよくわかります。

 

先に日足のチャートから見て行きましょう♪

 

 

 

 

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動はカウントが難しいので省きます。

 

日足のエリオット波動でないテクニカル分析では、オレンジのラインで反転している可能性が高いです。

 

オレンジのラインで反転している場合は、すでに底時間に入っています。

 

ですのでいつ反転してもおかしくありません。

 

なので4時間足でも反転を視野に入れなければいけません。

 

この辺りで反転したら、4時間足的にはイレギュラーになりますが、

 

相場は〇〇な相場が大きな力を持っていますよね♪

 

なので、4時間足で理論的イレギュラーが起きても説明がつくわけです♪

 

〇〇の中身は以前の記事に書いていますので、そちらで答え合わせしてください♪

 

ただ、日足も底時間に入っているとはいえ、下落していく余裕がないということではありません。

 

まだ少しは下落していく余裕も残しているので、安値を更新していく可能性は十分にあると思います♪

 

日足の一目均衡表は、転換線と基準線以外は逆転のシグナルを出しています。

 

転換線と基準線は接触しているんどえどちらに動くかわかりません。

 

ですので注目はしておきましょう♪

 

ここで週足のチャートを見て行きましょう♪

 

 

 

 

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動は修正3波に位置している可能性が高いです♪

 

修正3波ということは、エリオット波動も終盤に差し掛かり反転ポイントが近くなっていることがわかると思います♪

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインで反転している可能性が高いです♪

 

そして、紫のラインで反転している場合は、週足も底時間に入っています。

 

エリオット波動も反転ポイントに入り、週足に関しても反転の可能性が十分に考えられる相場になっています。

 

ただ週足に関しても日足同様下落余裕は残しています♪

 

4時間足のイレギュラーも想定して行かなければいけないと言ったのは、日足週足が反転ポイントに入っているからということでした。

 

そして、今相場は止まっていますが、月曜日は反転していくことが多いです。

 

なので、週明けの相場には注目です♪

 

ここまでこれば次のエントリーポイントがどこになるかわかりますよね♪

 

ということで今日は以上にいたします♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定でテクニカル分析について書いた無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

This entry was posted on 土曜日, 2月 29th, 2020 at 3:34 午後 and is filed under ポンド円分析. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>