2月 13th, 2020

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定でテクニカル分析について書いた無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとB囲まれた縦じまの部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日も記事の更新をしていきたいと思います♪

 

今日はポンド円について分析予想をしていきます♪

 

ポンド円は少しレンジが続いているように見えますね…。

 

いつまで続くのやら(*_*;

 

小さい時間足では少し上昇に向かっているのでこれが、レンジブレイクにつながるのでしょうか?

 

早速4時間足から見ていきましょう♪

 

 

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートは現在アップトレンドの3波もしくは、ダウントレンドの3波どちらとも取れます。

 

ですのでエリオット波動のカウントは少し難しいと思います。

 

エリオット波動でないテクニカル分析ではピンクのラインで反転している可能性が高いです♪

 

ここのラインで反転している可能性をとるなら、今のところダウントレンドの確定には至っていません。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、起点のラインを切るとダウントレンドの可能性がほぼ確定します。

 

ですので今ポンド円に関してはダウントレンドでないと取れます。

 

ですがエリオット波動でないテクニカル分析では、青のラインを超える上昇がなければ、起点のラインを切っていく可能性が高いと出ています。

 

そして現状まだ、超えていないので、ダウントレンドの想定もしておかなければなりません。

 

エリオット波動ではアップトレンド、ダウントレンドどちらとも想定されるので、何とも言えない状況です。

 

4時間足の一目均衡表的には三役好転になっています。

 

ですので、上昇していく可能性が考えられます。

 

ただ日足や週足的に、上昇に向かっても、長く続かない可能性があります。

 

日足のチャートを見ていきましょう♪

 

 

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動は少しカウントが難しいので省きます♪

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、オレンジのラインで反転している可能性が高いです♪

 

日足も4時間足同様、起点のラインを切っていないのでダウントレンドの確定には至っていません。

 

日足に関しては、レンジが続き少し相場分析がしにくい状況なっていると思います。

 

そして、4時間足で上昇をたどっていく可能性が高いと出ていますが、週足が天井時間の可能性が高いため、4時間足の上昇が長く続かない可能性があるとなっています。

 

なので、日足的にはまたレンジが続く可能性があります。

 

日足も4時間足同様、赤のラインの高値を更新しない限りは起点のラインを切っていく可能性があります。

 

アップトレンドに移る可能性をとるなら、最低限赤のラインを更新しないといけないということがわかると思います♪

 

なので、4時間足や、日足でここのラインを越えなければ、ダウントレンドの可能性が高いという事を頭に入れておいたほうがいいと思います♪

 

そして週足のチャートは天井を迎えている可能性が高いです♪

 

週足のチャートを見ていきましょう♪

 

 

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動は修正1波に知している可能性が高いです♪

 

推進5波を迎えているという事を考えれば、セオリー通りに進んでいくなら、週足は緑のラインで天井を迎えていることになります。

 

そしてエリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインで反転している可能性が高いです。

 

エリオット波動でないテクニカル分析でも天井時間の可能性が高いと出ています。

 

そしてさらに、もう少しで底時間に入ります。

 

ですのでここからの緑のラインの更新を迎える可能性は低いのかなと思います♪

 

ただまだエリオット波動でないテクニカル分析では緑のラインを超えないと100パーセント出たわけではありませんので注意は必要です。

 

エリオット波動でも修正2波のイレギュラー型というのがありますので、高値の更新の可能性は0ではありません。

 

ですので日足や4時間足がアップトレンドに入ったら週足の緑のラインを超えないかどうか様子を見て、緑のラインを超えそうなら、まずはイレギュラーを想定してください。

 

ただここで一つ注意したいのが、週足のエリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインを切らずに反転していく可能性が高いです。

 

逆に言ってしまえば、紫のラインより上なら、どこでも反転していけるということになります。

 

なので底をかなり浅くつけて、反転ということも考えられますので、日足や4時間足がアップトレンドが続くようであれば反転も視野に入れていきましょう♪

 

全体的に見て、週足の反転ポイントが近くなってきているので、分析し辛い状況にあるとお澪ますが、すべての可能性を想定したうえでトレードスタイルを決めましょう♪

 

という事で今日の分析は以上です♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定でテクニカル分析について書いた無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

This entry was posted on 木曜日, 2月 13th, 2020 at 8:31 PM and is filed under ポンド円分析. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>