2月 10th, 2020

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定でテクニカル分析について書いた無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとB囲まれた縦じまの部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

少し遅くなりましたが、本日も記事の更新をしていきたいと思います♪

今日は豪ドル円についてです♪

豪ドル円4時間足は、下落方向に向かい今は再度上昇方向に向かっています。

この動きがどう影響してくるのでしょうか?

早速4時間足から見ていきましょう♪

 

4時間足のチャートです♪

4時間足のチャートのエリオット波動は少しカウントが難しいですが、アップトレンドの修正2波に位置しているのかなと思っています。

修正2波ということは、上昇方向に動くが修正3波は下落方向に向かう可能性が高いということになります。

そしてエリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのラインで反転している可能性が高いです♪

ピンクのラインで反転している可能性をとるなら、今はまだアップトレンドのに位置しているととらえることができます♪

エリオット波動でないテクニカル分析では、起点のラインを切らなければアップトレンドをとらえることができます。

ですが、エリオット波動が修正波に入っていることを考えれば可能性は低いのかなと思います。

エリオット波動でピンクのラインを切らずに再度上昇に向かいアップトレンドに向かっていけばまだわかりませんが、

今のところ日足のチャートが、ダウントレンドの可能性のほうが高いので、4時間足もそれに沿って下落していく可能性は高いと思います。

4時間足の一目均衡表は転換線が基準線をした抜いていっているので一つの下落シグナルが出ていることになるのでそれも考慮すれば、

下落の可能性は高いということがわかると思います♪

ですが先ほども言いました通り、エリオット波動でないテクニカル分析ではまだダウントレンドと確定したわけではありませんし、

エリオット波動においても修正2波のイレギュラー型というのがあるので上昇していく可能性もあるということは覚えておきましょう♪

ここで日足のチャートを見ていきましょう♪

 

日足のチャートです♪

日足のチャートのエリオット波動は少しカウントが難しいので省きます。

エリオット波動でないテクニカル分析ではオレンジのラインで反転している可能性が高いです♪

前回までは赤のラインの可能性も想定していましたが、今は4時間足がエリオット波動で天井を迎えて可能性が高いのでオレンジのラインで見ていきたいと思います♪

エリオット波動でないテクニカル分析では起点のラインを切ると、ダウントレンドである可能性が非常に高くなります。

そして日足のチャートは起点のラインであるオレンジのラインをすでに切っています。

ですので日足のチャートはダウントレンドの可能性が高いということになります。

そしてエリオット波動でないテクニカル分析は、底時間がまだ先になります。

ということは安値の更新をしていく可能性が高いということです。

ですので日足のチャート的にはまだ下落していく可能性が高いということになります♪

そして日足が下落するのは週足チャートも下落に向かっている可能性が高いからです。

週足のチャートを見ていきましょう♪

 

週足のチャートです♪

週足のチャートのエリオット波動もカウントが難しいので省きます♪

エリオット波動でないテクニカル分析では紫のラインで反転している可能性が高いです♪

紫のラインで反転している可能性をとるなら、天井を迎えている可能性が高いです♪

そして日足のチャートがダウントレンドに入った可能性が高いので、週足チャートは下落に向かう可能性が高いです♪

ただ、週足の底時間はもう少し時間はありますが、反転するなら紫のラインより上で反転していく可能性が高いです。

ですので、浅い位置で反転していく可能性も頭に入れておかなければなりません。

総合的にみても大きな時間足がダウントレンド、下落の可能性が強いので、下落していく可能性は高いと思いますが、

4時間足の小さい時間足は、まだ上昇していく可能性があるため注意は必要です。

大きな時間足は相場の大きな波を支配していますが、トレンドを出していくのは小さな時間足ですので、

どちらもしっかり見て見極めていきましょう♪

今日は以上です♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定でテクニカル分析について書いた無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

This entry was posted on 月曜日, 2月 10th, 2020 at 9:07 PM and is filed under 豪ドル円分析. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>