緊張はするもの

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

「緊張しなければ良かったのに」と緊張が失敗の原因だと思うことはありませんか??

 

先に結論から伝えると、実は緊張しない方法なんてありません。

 

緊張しないようにする方法を必死に考えたり、緊張を敵だとみなすと、そのまま解決できずに引きずる人になる恐れがあります。

 

はね返す人は、緊張する場面でも、緊張しないように、とは考えません。

 

緊張なんてするものだし、適度な緊張感は大事、という部分だってあるのです。

 

逆にいえば、不安も緊張もしないことであれば、自分にとってはどうでも良く、人生においても価値があることではないともいえます。

 

緊張は、うまく活用するしかありません。

 

なので、はね返す人は、緊張して失敗しないかと不安を抱くのではなく、「自分がベストを尽くすためには何が必要か」と考えて行動します。

 

そのためには緊張しないようにではなく、いかに緊張を味方にするかを考えます。

 

つまり「緊張しない自分」をイメージして挑むのではなく、「緊張しても、テンパらない自分」をイメージしておけば良いのです。

 

「緊張しないように…。。」なんて考えていたら、それこそ緊張した時に対応できなくなってしまいます。

 

なぜなら、人は想定外の状況に陥ると、緊張がどんどん悪い方向に加速して、テンパっていくものだからです。

 

と言うことで、緊張するのは当たり前だと思い、予め緊張する事を予定しておけば良いのです。

 

きっとはね返すことができるようになると思います。

 

これは失敗についても同様で、何かをする限り、失敗は必ず起きる。

 

そこで大事になるのが、失敗したらどうしようとかんがえずに、「失敗しても大丈夫。

 

跳ね返せば良いんだ!」と言う安心感を自らの中に作り出せるようにすれば良いのです。

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

分析に関しても私の見解ですので、損失が出たなどのクレームはご遠慮願います(*_*;

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です