2021年1月19日 ポンド日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんにちは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

クロス円は一旦アップトレンド方向に向かったように見えますが、これからの動きはどうなるのでしょうか??

 

今日はポンド円について詳しく見ていきたいと思いますので、さっそく4時間足のチャートから見ていきましょう♪

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートのエリオット波動は現在修正3波もしくは、新しいエリオット波動のアップトレンドの1波に位置していると見ています♪

 

前回からも想定していた通り修正3波であれば、まだ続落の可能性が考えられます。

 

ただ、新しくエリオット波動を形成している場合は、今の安値を更新せずに形成していくことになります。

 

なので、再度下落に向かっていくのかどうかというところには注目です♪

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのライン、もしくは赤のラインでアップトレンドへ反転している可能性が高いです♪

 

ピンクのラインでアップトレンドへ反転している場合は、青のラインが天井になっています。

 

そして、ピンクのラインの場合は、底時間に入っているので、ここからは赤のラインを切る下落に向かうという想定になります。

 

セオリー通りであればこちらの展開です♪

 

ただ、ここからの上昇で青のラインを越えた場合は、赤のラインのシナリオで確定するので、高値を更新するのかどうかには注目しておきましょう♪

 

赤のラインでアップトレンドへ反転している場合は、先ほども少し言ったように、イレギュラーでの反転のシナリオになります。

 

ただ、イレギュラーと言ってもそこまで大幅なイレギュラーではないので許容範囲内です。

 

赤のラインでアップトレンドへ反転している場合は、まだアップトレンドへ向かったばかりなので、上昇していくことになると思います。

 

大きく上昇するようであれば、もし青のラインを越えなくても、こちらのシナリオがダウントレンドへ反転しているととらえることができるので、赤のラインでの目線にしたほうがいいのかなぁと思います。

 

どちらの可能性が高いのか??

 

今はそれを絞る情報は少なく、断定が難しいです。

 

ただ、他銘柄同様の動きしていることを考えると、一度アップトレンドへ反転しているという可能性を疑っておいたほうがいいのかなぁとは思います。

 

ただ、他銘柄に関しても底時間でアップトレンドへ反転しているものはないので、イレギュラーになります。

 

なので、再度ダウントレンドへ入っていくシナリオも十分に想定されます。

 

ポンド円の一目均衡表は雲で反発されているようにも見えるので、高値を更新していくことも視野には入れておこうと思います♪

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう♪

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、オレンジのラインでアップトレンドへ反転している可能性が高いです♪

 

オレンジのラインでアップトレンドへ反転している場合は、4時間足同様青のラインで天井を付けています。

 

今は4時間足でここを越えるシナリオも想定されているため、日足に関しても高値を更新していくことは視野に入れておいたほうがよさそうです。

 

ただ、高値を更新したとしても、日足では天井の時間と捉えることができると思います。

 

なので、ダウントレンドを形成していくのは時間の問題だと思います。

 

ただ、ポンド円に関しては、日足はオレンジのラインを切らない可能性が高い状況です。

 

ですが、ユーロ円は既に日足の反転ポイントを切る下落もあったのでダウントレンドが確定しています。

 

なのでポンド円に関しても、今回のトレンドでは起点のラインを切らなくても、次のトレンドでダウントレンドの形を形成して、ダウントレンドを形成していくことは可能だと思います♪

 

ユーロ円を先行銘柄と捉えるなら、基本的には下落の目線です。

 

なので、4時間足に関しても、どちらのシナリオを辿ってもダウントレンドを形成していく可能性が高いと思います♪

 

ただ、まだアップトレンドを形成していくというシナリオが消えたわけではないので、高値の更新には十分に注意しましょう♪

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう♪

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインでアップトレンドへ反転している可能性が高いです♪

 

ここでアップトレンドへ反転している場合は、4時間足日足同様青のラインで天井を付けています。

 

週足で青のラインで天井を付けている場合は、まだ紫のラインを切って下落していく可能性もありますし、切らない可能性もあります。

 

ただ、高値を更新すると切らない可能性が高くなります。

 

なので、高値を更新する場合は、アップトレンドを疑っておいたほうがよさそうです。

 

ポンド円は、他銘柄と少し違い難しい状況にあります。

 

なので、新規でエントリーを狙うのは、方向性が決まってからでいいと思います。

 

難しい相場で無理にエントリーを狙わなくても大丈夫です!

 

分かりやすい通貨ペアで、利益を狙ってください♪

 

ポンド円は一旦、4時間足がアップトレンドへ反転したことも視野に入れて、高値を更新していくことも視野に入れておきましょう。

 

ただ、高値を更新したとしても、日足や週足では天井が近いことは間違いないので、狙いはショートで変わらずです。

 

どこまで上昇していくかが少し読みづらい状況なので、少し様子を見たほうがいいと思います。

 

ひとまずは4時間足のシナリオが絞れるまで、ポンド円の新規エントリーはなしでいいと思います♪

 

それよりも、シナリオの確定しているユーロ円等でのエントリーを狙ってください♪

 

私はポンド円はポジションの7割を利確しました♪

とりあえず、これで損切にかかってもプラスで終われるのでよしとしたいと思います♪

 

新規エントリーは他銘柄で狙って、ポンド円は様子見でいこうと思います♪

 

という事で、今日の分析は以上です♪

 

では、また明日~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

分析に関しても私の見解ですので、損失が出たなどのクレームはご遠慮願います(*_*;

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です