緩急をつける

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

突然ですが、ゴムをイメージしてください。

 

ご存じの通り、ゴムは柔軟です。

 

多少ひっぱてもすぐに元に戻りますし、かなり力を入れて伸ばしても大丈夫です。

 

しかし、そのゴムもずっと引っ張ていたらどうなるでしょうか?

 

そうです、ちぎれてしまいます。

 

いくら優れたツールと言っても、強い力を加え続けたらキレてしまうのです。

 

これは習慣化にも当てはまります。

 

たいていの「物事が続かない人」は常に最大限のパワーで頑張ろうとしてしまうのです。

 

いくら意志が強い人であっても、ずっとフルパワーで動き続けていたら、疲れてしまうでしょう。

 

ゴムと同じように本来なら優秀な能力を持っていても挫折してしまうのです。

 

大切なのは「力の入れどころ」と「力のぬきどころ」を見極めることです。

 

すべてにおいて全力投球ができれば、それに越したことはありません。

 

しかし、私たちは人間ですから、疲れているときもあります。

 

その状態で、普段以上のパフォーマンスをしようとしても難しいでしょう。

 

野球で考えれば、先発ピッチャーが、初回から、すべてのバッターに全力投球していたら、完投勝利が難しくなるのと同じことです。

 

完投するためには、データや経験を駆使しながら、ボールに緩急をつけて打ち取っていくはずです。

 

それにもかかわらず、ランナーがいない時も全力投球、9番バッターにも全力投球では、ピンチになった時に肝心の力を発揮できません。

 

なので力の配分が重要になってくるのです。

 

このように緩急を使いこなすことが継続するためには必要な事ですし、緩急をつけることが、毎日の生活リズムに好循環をもたらすのです。

 

常に緊張でも行けませんし、常にリラックスでもバランスはよくありません。

 

ずっと緊張していては、ゴムのようにちぎれてしまいます。

 

力の入れどころとぬきどころを見極めて「続く人」になっていきましょう♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

分析に関しても私の見解ですので、損失が出たなどのクレームはご遠慮願います(*_*;

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です