朝を制す者は1日を制す

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

皆さんは今まで頑張ろうとしても、時間だけが経過して結局進まなかった。

 

なんて経験ありませんでしたか?

 

特に夜にそのパターンが多いはずです。

 

夜は脳も体も疲れているので、クリエイティブな仕事や新しいことにチャレンジするためのエネルギーが残っていません。

 

夜の時間帯は、単純な作業やタスクの見直しなどには向いているので、このようなものに時間を使えば効率的ですが、
その時間帯に無理に自分を動かそうとしてもなかなかうまくいかないことも納得できます。

 

しかし、「これから」を生み出していくことは新しいチャレンジやクリエイティブなタスクでしょう。

 

その為、「すぐやる人」や成功している人達は早起きを習慣化しています。

 

スターバックスの社長やAppleの社長は毎朝4時半に起き、NIKEの社長さんなどは毎朝5時に起きるそうです。

 

皆さんが知っている世界のトップリーダーたちは毎朝早起きをしています。

 

「すぐやる人」は朝の大切さを理解しています。

 

脳は起きてから2,3時間経過したあたりが一番活発に活動することがわかっています。

 

なのでこの時間帯にクリエイティブな仕事や、最重要事項に当たるようなたすきをこなすとスムーズに進みます。

 

また読書などインプットの時間に費やすのもいいでしょう。

 

そして誰にも邪魔されない時間を確保できるのもメリットです。

 

このような1日の中でも非常に価値の高く、せっかく頭が一番働く時間帯に、あれやこれやと時間に追われて過ごすのはもったいないと思います。

 

朝の1時間の使い方は、1日の使い方を決めると言っても過言ではありません。

 

またストレッチや軽い運動を10分程度行うことで、さらに脳が活性化することもわかっています。

 

そのあとの時間を読書に充てるもいいですし、集中力やクリエイティビティをいつようとする、タスクに時間を充てるのもいいでしょう。

 

驚くほどに脳がすっきりした状態なので、どんどん前向きな行動を起こすことができると思います。

 

朝の時間を有効的に使えると、非常に気持ちがすっきりとします。

 

朝の充実感は1日にさらなる活力を生みます。
さらにうれしいことに、朝時間の活用への意識を持っておけば夜は早めにすっきりと仕事を終えることができます。

 

そうすれば仕事の後の時間も有効に使えることでしょう。

 

朝の時間をデザインすることは、たくさんのメリットがあります。

「すぐやる人」たちにならって、最高の朝をデザインしていきましょう♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

分析に関しても私の見解ですので、損失が出たなどのクレームはご遠慮願います(*_*;

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です