2020年10月17日 ドル円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんにちは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

今日はドル円について分析予想していきたいと思います♪

 

今日は土曜日で相場も止まっていますが、休みの日にしっかり分析予想をして来週に備えていきましょうね♪

 

という事で早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのライン、もしくは赤のラインでアップトレンドに反転している可能性が高いです♪

 

ピンクのラインでアップトレンドに反転している場合は、前回想定のトレンドが少しイレギュラーで反転している可能性になります。

 

赤のラインの場合は、前回のトレンドがかなり大きなイレギュラーを起こして反転しているという想定になります。

 

上記の事からだけでも、今はピンクのラインの可能性の方が高いという事が分かると思います。

 

ではなぜ、赤のラインからの反転を視野に入れているのでしょうか?

 

ピンクのラインでアップトレンドに反転している場合は、ピンクのラインを切ってダウントレンドを形成していくのがセオリーです。

 

ですが、今のところまだ切ってはいません。

 

下落余裕があるので、まだまだピンクのラインを切っていく可能性は十分に残していますが、赤のラインで反転準備が整っているので、ピンクのラインを切らずにアップトレンドに反転していく可能性があるからです。

 

ただ、この場合も、昨日の分析記事の豪ドル円などを見てもらったらわかると思いますが、豪ドル円は既にピンクのラインに当たる部分を切る下落をしています。

 

ですので、ドル円も豪ドル円と同じ形を辿っていくことになるなら、ピンクのラインを切る下落をしていく可能性が高いと思います♪

 

なので、今のところは4時間足はピンクのラインで見ていこうと思います♪

 

ただ、4時間足の一目均衡表が、アップトレンドのシグナルを出していきそうな感じでもあるので、赤のラインでアップトレンドに反転している可能性も0ではないので、このまま上昇に向かう場合は、赤のラインへの目線の切り替えも必要になってくるので、視野には入れておきましょう♪

 

ピンクのラインを切っていく想定となると、4時間足ではダウントレンドが確定していくことになります。

 

そうなると、日足でもダウントレンドに入っている可能性が高くなってくるので、日足もダウントレンドを疑っていきましょう♪

 

という事で、ここから日足のチャートを見ていきましょう♪

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動でないテクニカル分析では、オレンジのラインでアップトレンドに反転している可能性が高いです♪

 

ここでアップトレンドに反転している場合は、今のところ青のラインが天井になります。

 

そして、その状況で、4時間足が安値を更新していく可能性が高いと出しています。

 

なので、日足から見ると、ダウ理論的にダウントレンドに入っていく可能性が高いということになります。

 

となると日足も、青のラインでダウントレンドに反転している可能性が高くなってきます。

 

青のラインで、日足が天井を迎えるとなれば、オレンジのラインを切る下落をしていく可能性が高いです。

 

そして、エリオット波動でないテクニカル分析では、底時間はまだ先なので、大きく下落していく可能性が考えられます♪

 

ただ、まだ4時間足では安値を更新したという、確定要素が出たわけではないので、安値を更新せずアップトレンドに向かった場合は、日足のアップトレンド継続も視野には入れておいて下さい♪

 

ただ、まだ今のところは日足もダウントレンドに入っている想定で見ていきたいと思います♪

 

そして、日足がダウントレンドに入っているという事は、週足でも前回から言っているように、セオリー通りの下落をみせる可能性が高くなってきました。

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう♪

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動でないテクニカル分析では、紫のライン、もしくはオレンジのラインでアップトレンドに反転している可能性が高いです♪

 

紫のラインでアップトレンドに反転している場合は、前回からも言っているように、紫のラインを切って下落していくのがセオリーです。

 

そして、その状況の中で、小さい時間足がダウントレンドを形成していく可能性が高い状況です。

 

なので、比較的週足のセオリー通りの下落をしていく可能性が高い状況になりました。

 

ただ、紫のラインはかなり低いところにありますので、紫のラインを切っていくことは少し難しいかもしれません。

 

ですが、4時間足のダウントレンドが確定するのであれば、日足もダウントレンドという事が確定するので、週足的にもダウントレンドの継続ということになります。

 

ですので、最低でもオレンジのラインは切っていくことになると思います♪

 

逆に4時間足が安値を更新せず、反転に向かうのであれば、日足、週足ともにアップトレンドの継続と目線の切り替えが必要になってきます。

 

ですが、今のところ4時間足はダウントレンドを形成していく可能性の方が高いので、週足に関しても続落の想定です♪

 

ですので、ここからエントリーを狙うとすれば、ショート狙いです♪

 

直近であれば、次回4時間足の天井でショートエントリーを狙えばいいと思います♪

 

若しくは短期目線なのであれば、4時間足のアップトレンドへの反転ポイントでロングエントリーでもいいと思います♪

 

安値更新をしない場合は、確実に4時間足のアップトレンドへの反転ポイントでロングエントリーをしてください。

 

ただ、安値更新をしても、ロングエントリーを狙う方は、大きな時間足に対して、逆張りになってしまうので、欲張らず利確はしてください。

 

ショートを狙う方は、安値更新を確認してからの後になるので、シナリオも確定している状態になるので、狙いやすいと思います♪

 

ですので、ショートエントリーのほうが、余裕もあるのでお勧めです♪

 

私は、今回はロングをせず、ショートの狙おうと思っています♪

 

なので、ドル円に関しても、エントリーポイントまで待ちです♪

 

各銘柄、待ちor様子見状態なので、現在はノーポジです♪

 

またエントリーをした際は、ご報告いたします♪

 

という事で今日の分析は以上です♪

 

ではまた明日~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

分析に関しても私の見解ですので、損失が出たなどのクレームはご遠慮願います(*_*;

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です