ダラダラスマホのやめ方

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

「ダラダラ見続けてしまうスマホをやめたい」

 

今やテレビよりもスマホをやめたい、という悩みのほうが多いと思います。

 

一度スマホを開いてしまうと、SNSのチェック、ラインやメールのやり取り、オンラインゲームやYoutubeなどであっという間に30分、1時間が経過。

 

気が付くと、深夜になっていた、なんて経験皆さんにもあると思います。

 

私自身もダラダラスマホをしている時期がありました。

 

ズバリ言ってしまうと、ダラダラスマホの原因は「生活導線にスマホが組み込まれている」ことにあります。

 

例えば、帰ってきて食事をする際に動画を見るのが日課、ベッドに入る前にSNSをチェックするのが日課などです。

 

脳には防衛本能があります。

 

脳は今まで命の危険がなくやってきたこと=安心・安全と判断します。

 

むしろ「命の危険がないことを止めることが危険」と判断するのです。

 

ダラダラスマホには命の危険はないので、何もしないでいると「続けるほうが安心・安全」と判断してしまいます。

 

そして大きな変化を避けたがるという脳の仕組み上。一度習慣化してしまうと、なかなかやめられません。

 

一方でダラダラスマホをやめられる人もいます。

 

どうやって止めることができるのでしょうか。

 

やめたいことは行動のハードルを高くする(=はじめにくくする)と、意志の力を使わなくても止めることができます。

 

つまり、ダラダラスマホを止めるには「なんとなく」「気づいたら」「つい、うっかり」すも保に手を出してしまう機会を減らせばいいのです。

 

「ダラダラみてしまうスマホを止める」のに一番効果的な方法は、帰宅時にスマホの電源を切ってしまうことです。

 

いちいち言言を入れたり、切ったりするのは不便すぎるという方は、ダラダラとみてしまうスマホアプリを特定し、それを削除するか、スマホのホーム画面に移動してしましましょう。

 

さらにダラダラスマホを止めるには、もう一つポイントがあります。

 

それは、ダラダラスマホやネットサーフィンの代わりに「何をしたいかをあらかじめきめておく」ことです。

 

代替行動が明確であればあるほど、帰宅したら、スマホの代わりに、即「代替行動」という流れを作りやすいです。

 

ぜひ、上記2つを試してみてください♪

 

案外簡単にやめられるようになるかもしれません♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

分析に関しても私の見解ですので、損失が出たなどのクレームはご遠慮願います(*_*;

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です