人を動かすもの

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

運は人の縁から生まれます。

 

あなたに協力してくれる人、応援してくれる人が多いほど成功に近づきます。

 

では、どのような人のもとに、応援してくれる仲間が集まるのでしょう?

 

幕末の英雄、坂本龍馬は、憂国の志士たちが大論争をしてる時に、その議論には加わりませんでした。

 

そこで居合わせた一人が、「なぜ、貴公はロンに加わらんのか」と聞くと、竜馬は、「論では人は動かぬ」と答えました。

 

更に、「では何をもって人は動く」と聞くと、「『利』で動く」とポツリと答えました。

 

このエピソードが事実か同課はわかりませんが、人間の行動原理の的を射ています。

 

私たちは正しいことであれば、だれもが協力して当然であり、正しい提案の実行を拒否することはあり得ないと考えます。

 

でも実際にはそうではありません。

 

なぜなら、「正しいこと」というのは、実はそれぞれの主観だからです。

 

立場が違えば、利害も違うため、正義を軸にして人の心を動かすことは難しいでしょう。

 

人を自分の思うように動かせる方法は四つあります。

 

①利益

 

②愛情

 

③同情

 

④恐怖

 

このいずれかで、人は動きます。

 

理想は「愛」で人を動かすことかもしれません。

 

親子、夫婦、友達間では、メリットがなくても動いてくれることもあります。

 

ただし、意図して「愛」を得ることはできません。

 

「同情」で人が動くこともありますが、これは喜ばしいことではありません。

 

「恐怖」でも人は動きます。

 

組織リーダー論でこの手法を説いているものもあります。

 

この方法をとる場合には、信頼関係を築けていることが前提です。

 

また恐怖の感覚は鈍化しやすく、その方法だけだと相手を動かせない場面もあります。

 

人を動かすときに、一番効果的なのは、やはり竜馬が言っている「利」を示すことです。

 

自分の意見がいかに正しいかを説明して、人を動かそうとしても。理論だけでは動きません。

 

は池に別の利害(上司、部下の関係等)が働かない限り、理屈ではうごかないと考えていら方がいいでしょう。

 

人間は自分の利益を中心に物事を考えます。

 

少し視点を変えて相手の利益を考える癖を突けば運気が向上します。

 

物事はいつも「相手」という対照があって成り立っています。

 

自分の主張を通すためには、相手の主張を想像して先に満たす方法を考えることが重要です。

 

相手の利を叶えるために、自分は何を提供できるのか、あなたの利を主張したときに相手がその主張に対してどう答えるか。

 

そこまで想定し、答えを要しておくと万全でしょう♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

分析に関しても私の見解ですので、損失が出たなどのクレームはご遠慮願います(*_*;

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です