2020年9月7日 ドル円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんにちは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

今日からまた相場も動き出すので、今週も頑張っていきましょう♪

 

今日はドル円について分析予想していきたいと思います♪

 

では早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートのエリオット波動はカウントが難しいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのラインで反転している可能性が高いです♪

 

前回想定のラインで反転している可能性もまだ0ではありませんが可能性が低いので、詳しくは触れません。

 

ピンクのラインで反転している場合は、青のラインが今のところ天井になります。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、青のラインを超えていくことも青のラインで天井を付けていくことも出来る状態です。

 

青のラインで天井を迎えている場合は、ピンクのラインを切ってダウントレンドを形成していくことになります。

 

そして、前回想定のトレンドの天井が赤のラインになります。

 

赤のラインを越えずにダウントレンドに入っていくということになるので、ダウ理論でもダウントレンドを形成してピンクのラインを切っていく可能性が高い状況になります。

 

なので、青のラインで天井を迎えている場合は、下落していく可能性が高い状況です。

 

青のラインを超えていく場合は、エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのラインを切らずに反転ポイントを迎える可能性が高い状況ですが、赤のラインを越えなければダウ理論的には、まだ油断は許さない状況になります。

 

ですので、青のラインを超えたからと言って、安値を更新しないと思うのは少し安易な考えになるので、赤のラインを超えるまでは、イレギュラーでダウントレンドに入っていくという視野も持っておきましょう♪

 

4時間足の一目均衡表は、今のところアップトレンドのシグナルを出しているので、まだアップトレンドが継続する可能性も十分に考えられます。

 

ただ、青のラインからダウントレンドに入っているなら、シグナルも下落方向に向かっていくことになると思うので、相場の動きとともにこちらにも注目しておきましょう♪

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう♪

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動もカウントが難しいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析ではオレンジのラインでアップトレンドに反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は、天井は水色のラインになります。

 

水色のラインで天井を迎えているということは、4時間足はすでに高値を更新せず、ダウ理論でダウントレンドを形成している可能性が高い状況ということになります。

 

ですので日足は、水色のラインでアップトレンドに反転している可能性が高い状況です。

 

そして、日足は底時間にも入っています。

 

その状況下で、まだ底と見えるポイントはありません。

 

なので、日足が底を付けるためには最低でも赤のラインを切っていくことが不可欠です。

 

その状況で、4時間足はダウントレンドへの反転ポイントに入っています。

 

と考えると、4時間足もダウントレンドに入っていくほうが自然だし、日足も赤のラインを切って下落をする可能性を残しているので、下落のほうが考えやすいシナリオになってくると思います。

 

なので、ドル円は続伸というよりもダウントレンドを形成していくという可能性のほうが高いのかなぁと感じています。

 

ですが、日足の一目均衡表はアップトレンドへの転換シグナルを出している可能性が高い状況です。

 

ですので、ここから4時間足が続伸等を形成していく場合は、注意しておいてください。

 

また、そういった想定なら週足がイレギュラーで反転している可能性も想定できるので十分に注意が必要です。

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう♪

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインでアップトレンドに反転している可能性が高い状況です。

 

ここで反転している場合は、今のところ緑のラインが天井になります。

 

そして緑のラインが天井になるなら、すでに日足のダウ理論ではダウントレンドに入っていることになります。

 

またエリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインを切るのがセオリーになります。

 

週足は一番大きな力を持っているので、週足の底を付けていくために下落していく可能性は十分に考えられます。

 

ただ、週足にもイレギュラーはありえます。

 

4時間足などが上昇方向に向かって、アップトレンドを継続するなら週足もオレンジのラインで反転している可能性も少し想定しておいたほうがいいと思います。

 

4時間足や日足ではエントリーポイントの可能性が高い状況ですが、まだ週足のイレギュラーが想定される以上、思ったほうと反対に相場が動く可能性も高いです。

 

なので、ドル円に関しては、今のところ静観のほうがいいのかなぁとは思っています♪

 

もしエントリーを狙うとしても、しっかりとリスクヘッジを行ってください♪

 

リスクヘッジをしっかりしておけば、トレンドには乗れると思います♪

 

私は、今は他のポジションで利益を上げれているので、ドル円に関しては少し様子を見ようと思います。

 

そして、ほかの銘柄は4時間足で、アップトレンドへの反転ポイントに入っている可能性があるのでポジションの半分を利確しました♪

 

ポジションとしては変わらずです↓

半分を利確しているので、のんびり相場を見ていきたいと思います♪

 

ということで今日の分析は以上に致します♪

 

では、また明日~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

分析に関しても私の見解ですので、損失が出たなどのクレームはご遠慮願います(*_*;

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です