2020年8月24日 ポンド円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんにちは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

今日は月曜日でまた相場も動き出すので、今週も頑張っていきましょう♪

 

今日はポンド円について分析予想していきたいと思います♪

 

早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

 

4時間足のチャートです♪

4時間足のチャートのエリオット波動はカウントが難しいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのラインでアップトレンドに反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は、青のラインが天井になります。

 

ここで天井を迎えている場合は、ピンクのラインを切る可能性が高い状況です。

 

そして、エリオット波動でないテクニカル分析では、底の時間が近づいてきています。

 

なので、青のラインで天井を迎えていて、このままピンクのラインを切る下落をしていく可能性は高いと思います。

 

ただ、エリオット波動でないテクニカル分析理論では、まだ青のラインを越えていく可能性も想定できる状況です。

 

なので相場が上に向かった場合は、青のラインを越えていくことも想定しておきましょう。

 

ただ、青のラインを越えた場合でも、既に底時間に入っているので、すぐに天井を付けてダウントレンドに反転していくことになると思います。

 

青のラインを越えた場合は、ピンクのラインを切らない下落になる可能性が高いです。

 

ただ、今は4時間足の一目均衡表では、アップトレンドのシグナルを出していないので、ピンクのラインを切る下落の可能性のほうが高いと思います♪

 

もしピンクのラインを切るとなると、日足でもダウントレンドに反転している可能性が高い状況になります。

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう。

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動でないテクニカル分析では、オレンジのラインもしくはピンクのラインでアップトレンドに反転している可能性が高い状況です。

 

オレンジのラインの反転の場合は、前回からも言っているように、底時間に入っています。

 

なので、早急に底を付けていく必要があります。

 

今は前回より、相場が進んでいるので少しイレギュラーになってきました。

 

この場合、オレンジのラインを切る可能性が低い状況なので、日足的にはダウ理論でアップトレンドを継続していけることになります。

 

日足の下落という下落が見られない状況なので、まだオレンジのラインからトレンドを継続しているという事まだ想定内ではあります。

 

ただ、エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのラインでアップトレンドで反転しているのがセオリーになります。

 

この場合は、まだ続伸していく可能性は十分にあることになるので、それに伴い日足も4時間足も続伸していくことになります。

 

ただ、こちらのシナリオの場合も下落の想定は十分に考えられます。

 

ピンクのラインから日足が反転していて、ピンクのラインを切った場合は、日足ではダウントレンドを形成していく可能性が高い状況になります。

 

上記の事からどちらの可能性も想定できる状態です。

 

そして、ピンクのラインの場合は、さらに分岐してシナリオがあることになります。

 

ただ、いま、青のラインが週足天井、4時間足の天井の可能性もあり、4時間足ではピンクのラインを切っていく可能性が高い状況なので、オレンジのラインからの反転の可能性よりピンクのラインで、さらにその中でもダウントレンドを継続していける可能性を残しているピンクのラインを切っていくダウントレンドを形成していくのかなぁとは思っています♪

 

ただ、日足に関しては、一目均衡表がアップトレンドのシグナルを出している状態なので、まだ続伸の可能性も十分に考えられるので、青のラインを越えて続伸していくや、早急に底を付けて、アップトレンドに反転していくことなども想定しておきましょう。

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう。

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインでアップトレンドに反転している可能性が高い状況です。

 

ここで反転している場合は、4時間足同様、今のところ青のラインが天井になります。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、青のラインは天井時間に入っているので、青のラインが天井の可能性は高いです。

 

ただ、まだ小さい時間足で青のラインを更新していく可能性もあります。

 

週足に関しても、まだ続伸していく可能性は十分にあります。

 

なので週足に関しては小さい時間足の動き次第というところが大きいことになります。

 

まだ続伸余裕があると言っても週足的には天井時間が近いことは確かなので、高値を更新してもすぐに天井を迎える可能性は高いです。

 

上記までの事から、ポンド円に関しては、週足天井の可能性があるので、目線としてはショートでいいと思います♪

 

青のラインを越えるなら超えた地点で損切ラインを決めてショート。

 

越えない場合はできるだけ青のラインに近づけてショートエントリーでいいと思います♪

 

それを判断していくのも小さい時間足動きになると思うので、今は4時間足やそれより小さい1時間足等にも気を配っておき、週足の天井をつかむようにしましょう♪

 

相場のトレンドは必ず小さい時間足から発生するので、こういった大きな時間足がトレンドの転換ポイントに入った時こそ小さい時間足の動きに目を配っておきましょうね♪

 

ただ、週足のエリオット波動でないテクニカル分析では、アップトレンドへの反転ポイントも近づいてきています。

 

ですので、ショートエントリーするにしても、アップトレンドへの反転も疑っておきましょう♪

 

という事で今日の分析はここまで♪

 

ではまたあした~♪


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

分析に関しても私の見解ですので、損失が出たなどのクレームはご遠慮願います(*_*;

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です