鞄のサイズで何が変わる?

FX専業トレーダーのさくらです♪
↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

人気ブログランキング


公式LINEではいろんな情報を発信しています♪
今ならLINE追加してくれた方限定で無料レポート配布してます♪
↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加


↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


あなたが仕事用で使っているカバンのサイズは大きいでしょうか、それとも、小さいでしょうか。
以前にも同じような記事を書きましたが、仕事がなかなか終わらない人は、たいてい大きいサイズのカバンを使っています。
お客様を訪問する際も、大きいカバンに分厚い提案書や使わないであろう参考資料をぎっしりと詰め込み、
移動時間に読むためと本を何冊も入れて、かなりの重量の荷物を常に持ち歩いています。
お客様のところでも、せっかくもって行ったのだからと、大量の提案書を広げてプレゼンを始めるものの、
時間内に終わらず、収拾がつかなくなってしまうこともしばしばです。
また、カバンに荷物をパンパンに詰め込む人は、予定もパンパンに詰め込みがちです。
たとえば、移動時間をギリギリで考え、1日にアポを5件も6件も入れてしまいます。
その結果、商談が延長したり電車が遅延したりするたびに、
それ以降の約束すべに間に合わず、お客様に迷惑をかけてしまいます。
さらに、自分のキャパシティを超えた仕事量を引き受けがちです。
「これくらいならできるだろう」と、自分の力を過信しているうえに、計画の精度、時間の見積もりも甘い。
時には、まったく計画を立てることなく、引き受けてしまいます。
そして結局、処理できずに、相手に迷惑をかけたり、
周りの人間を巻き込んでどうにか仕上げたりといったことに陥るのです。
一方、仕事が早く終わる人は、小さいサイズのカバンを使っています。
小さいので、大量の書類は入りません。
提案書もスマートで少ない枚数にしなければならないので、
資料なども的を射た必要最低限のものにする必要があります。
それがお客様への、ポイントを突いた簡潔な説明につながります。
無理なタイムスケジュール、行動計画も立てませんし、
自分の仕事が1時間でどれだけ進むかなどもきちんと把握しているため、
できる量、範囲と照らし合わせて、仕事を引き受けるかどうかを決めているので、
周りに迷惑をかけることもさほどありません。
タイムスケジュールも、電車は遅延するものとして、
あらかじめ、多少のリスクには対応できるくらいの余裕を持たせて組むことが習慣になっています。
確実にできること、確実に使うとこだけにする。それでよいのです。


最後まで読んでいただきありがとうございます♪
少しでもいいなと思ったら、
↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

人気ブログランキング


公式LINEではいろんな情報を発信しています♪
今ならLINE追加してくれた方限定で無料レポート配布してます♪
↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加


↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です