2020年7月30日 ユーロ円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日の記事更新です♪

 

クロス円はやはり反転した可能性が高いのか!という状況ですが、まだ続落している銘柄もあるので何とも言えない状況ですね(._.)

 

そんな今日は、ユーロ円について分析予想していきたいと思います♪

 

早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

 

4時間足のチャートです♪

4時間足のチャートのエリオット波動はカウントがややこしいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのライン、もしくは水色のラインでアップトレンドに反転している可能性が高いです。

 

ピンクのラインで反転している場合は、青のラインが天井になります。

 

ピンクのラインの場合は、水色のラインで反転せずにダウントレンドを継続しているということになります。

 

なので、まだ底を付けていないということになるので、続落していく可能性になります。

 

水色のラインの場合は、ピンクのラインのトレンドが底を付けてアップトレンドへ反転しているという想定になります。

 

ユーロ円の場合は、ピンクのラインからトレンド継続の可能性だと、エリオット波動でないテクニカル分析ではイレギュラーになります。

 

なので、ユーロ円単体で見るなら、水色のラインがセオリー通りということになるので、比較的こちらの可能性の方が高いです。

 

他銘柄も、反転したように見える銘柄のほうが多いので、こちらの可能性の方が高いです。

 

ただ、まだ続落している銘柄もあるので、それに合わせて動くなら、続落という可能性も考えられますので、ピンクのラインからのトレンド継続ということも頭の片隅には入れておいて下さい♪

 

4時間足の一目均衡表では、今のところダウントレンドのシグナルを出しているものもありますが、シグナルが近いところにいて上向きなので、上昇していく可能性のほうが高いと思います♪

 

水色のラインから反転という事は、赤のラインが天井になります。

 

他銘柄では既に天井を迎えている可能性のある銘柄もあります。

 

この赤のラインを越えていかないと、ユーロ円も既にダウントレンドに反転している可能性も考えられるので、上昇方向に向かったとしても、このラインを越えるのか超えないのかには注目しておきましょう♪

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう♪

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動でないテクニカル分析では、オレンジのラインでアップトレンドに反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は、今のところ天井は4時間足前回トレンド想定の天井と同様青のラインになります。

 

4時間足はダウ理論で、まだ高値を更新していける可能性もあります。

 

まだ青のラインを越えていく可能性も十分に想定できます。

 

ただ青のラインを越えないと4時間足のダウ理論的にはダウントレンドを形成していく可能性が高い状況になります。

 

となると日足でも既に青のラインでダウントレンドに入っているという想定になります。

 

そうなると日足の前回トレンド想定の天井の緑のラインを越えずしてダウントレンドに入るということになります。

 

という事は4時間足のダウントレンドが確定した場合は自動的に日足もダウントレンドを確定することになります。

 

ただ、まだダウントレンドに入ったと確定したわけでもありません。

 

なので、まだ想定の段階にはなりますが、日足は青のラインで天井時間には入っているので十分に想定できます。

 

なので、いったんは下落目線で見ていきますが、豪ドル円のように高値を更新している銘柄もある状況なので何とも言えない状況です。

 

上記とは反対にドル円は安値を更新し続けています。

 

なのでどちらに合わせていくかで大きく可能性が変わってくることになると思います。

 

目先は4時間足の動きに注目していく必要がありますので、4時間足の動きには気を配っておいてください。

 

私個人的には、日足がダウントレンドへの反転ポイントに入っているので、4時間足も青のラインを越えずにダウントレンドに入っていく可能性が高いと思います♪

 

ただ、日足でもまだまだ高値を更新していく可能性もあるので十分に様子見が必要です。

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう♪

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動でないテクニカル分析では紫のラインで反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は、日足の前回トレンド想定の天井と同様緑のラインが天井になります。

 

4時間足や日足では、まだダウントレンドを確定させたわけではありません。

 

ですので、まだ続伸してこのラインを越えていく可能性も十分に想定されます。

 

ただ4時間足や日足がダウントレンドを確定させた場合は週足も緑のラインからダウントレンドに入っている可能性は非常に高いので、小さい時間足でダウントレンドを確定させた場合は、週足もダウントレンドで見ていこうと思います♪

 

小さい時間足で続伸の動きがあれば、週足もアップトレンド継続に目線をシフトしていこうと思います♪

 

今のところは日足の天井時間の可能性が高いとみているので、大きな時間足もダウントレンドに入っている可能性が高いと見ていますが、まだ続伸していく可能性も十分に残している状況なので、はっきりどちらとは言えない状況です。

 

こういう時はトレードしないというのもリスクヘッジになりますので、無理なエントリーはしないようにしましょう♪

 

私は、昨日のポジションはすべて利確しましたのでノーポジです♪

 

のんびり次のエントリーポイントまで待とうと思います♪

 

という事で今日の分析は以上です♪

 

ではまた明日~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg


※私は投資を強要していているわけではありません。

あくまで投資は自己責任になりますので、クレームなどはご遠慮ください(>_<)

※また「仕事術」に関しても、人により様々な観点があります。

あくまでも私の見解なのでこちらに関してもクレーム等はご遠慮願います<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です