2020年7月14日 ユーロ円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんにちは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

クロス円は大きく上げてから少し戻していますね♪

 

ですが、その中でも安値を更新する銘柄も出てきています…。

 

この動きをどう捉えるべきなのでしょう。

 

今日はユーロ円について分析予想していきたいと思います。

 

早速4時間足のチャートから見ていきましょう。

4時間足のチャートです。

 

4時間足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのラインで反転している可能性が高いです。

 

前回想定の赤のラインの反転の可能性も視野には入っていたのですが、他銘柄も上昇方向に向かっている為、画像には記載していません。

 

ピンクのラインで反転している場合は、アップトレンドに反転したばかりなので、上昇していく可能性が高いです。

 

ただ、他銘柄との兼ね合いをとると、NZドル円が安値を更新しています。

 

このNZドル円が先行銘柄になるなら、他銘柄もこれに合わせて安値を更新していくということになります。

 

安値を更新していくなら、ピンクのラインから反転している可能性が高いですがここを切っていくとなると、ダウントレンドを確定させていくことになります。

 

なので既に4時間足では天井を迎えているという想定になります。

 

ただ、NZドル円がまだ先行銘柄と確定したわけではありません。

 

まだ安値を更新したのはNZドル円のみになるので、逆にNZドル円が遅行銘柄の可能性もあります。

 

そうなると、まだ続伸していく可能性が高いです。

 

なので、今は安値を更新していく可能性もあり、続伸の可能性も想定できるということになります。

 

4時間足の一目均衡表は今のところアップトレンドのシグナルを出しているので、可能性としては続伸の可能性のほうが高いとは思います。

 

ですが、どちらの可能性も十分に想定できる状態なので、私はとりあえずポジションの半分を利確しておきました。

 

これでどちらに転んでも全体的にはプラスになるようにしました。

 

なので、私はどちらに動いても対応できるような状態です。

 

もしここから続落していくなら全決済して、ショートに目線を切り替えます。

 

このまま続伸の可能性を辿るなら、ロングポジションをキープで様子見をしていきます。

 

どちらの可能性も十分に想定できるので、大きな時間足でもいくつかのシナリオが想定できることになります。

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう。

日足のチャートです。

 

日足のチャートのエリオット波動でないテクニカル分析では、赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

赤のラインで反転している場合は、アップトレンドを形成している最中ということになります。

 

ただ、4時間足が上昇方向に向かうのか、下落方向に向かうのかで、日足もアップトレンドを継続していくのか、ダウントレンドを形成するのか変わってくることになります。

 

4時間足が、上昇方向に向かうのなら、日足もアップトレンドを継続していく可能性が高いです。

 

ですが、ここでも日足の前回トレンドの天井をの青のラインを超えない限りは、日足が既に天井を出している可能性が高いです。

 

また、ここは週足の天井にもなっているので、ここを越えずして下落方向に向かった場合は、週足目線でもダウントレンドに入っている想定が必要になってきます。

 

4時間足が下落に向かうなら、既に日足が天井を出しているという想定ができます。

 

4時間足が下落に向かうとなる、安値を更新していくことになるので、ダウ理論的にダウントレンドを継続させていくということになります。

 

そうなると、日足でアップトレンドを形成していくのは難しいと思うので、4時間足が下落に向かった場合は、既に日足も天井を迎えているという想定になります。

 

もし一時的に上昇方向に向かっても、赤のラインを切るような下落をして行く場合は、こちらも日足でのダウントレンドが確定します。

 

そうなると、日足の天井=週足の天井と今のところなっているので、大きな下落に繋がる可能性が高いです。

 

ただ、日足の一目均衡表は、アップトレンドのシグナルに切り替わろうとしているように見えますので、続伸の可能性を辿るなかなぁとなんとなく思っています。

 

もし上昇に向かったとしても青のラインを超えるのかどうかには注目しておきたいと思います♪

 

下落の場合はすぐさまショートに目線を切り替えます。

 

今は、大きな時間足のシナリオも小さな時間足のトレンドから想定していく必要があるため、小さな時間足のシナリオを確定させるまでは何とも言えない状況です。

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう。

週足のチャートです。

 

週足のチャートのエリオット波動は、紫のラインから反転している可能性が高いです。

 

ここから反転している場合は、何度も言うように今のところ青のラインが天井になります。

 

ここが天井になると週足では、紫のラインを切る下落の可能性が高いと出ています。

 

なので、4時間足の動き次第では、週足のトレンドまで読むことができます。

 

週足でのポイントは高値を更新するのかしないのかになります。

 

ここを更新しなければ、紫のラインを切る下落をしていく恐れがあるので、今は十分に小さい時間足に気を配っておいてください。

 

何度も言うようですが、今は大きな時間足では可能性は絞りにくい状況になります。

 

なので、しっかりと小さい時間足に焦点を置いて可能性が確定させてからトレードでいいと思います。

 

このような、どちらでも動ける相場で、こじつけてエントリーをすると失敗する恐れもあるので、こういう時は様子見をするのも一つのリスクヘッジです♪

 

無理なトレードはしいように心がけてください♪

 

私のポジションはこちらです↓

NZドル円が安値を更新したので損切りにかかってしまいました( ;∀;)

 

まぁこういうときもあります笑

 

損切りにかかるということはこれ以上の損失を抑えれたということなので、プラスにとらえたいと思います♪

 

またNZドル円が安値更新したのでリスクヘッジのため、すべての銘柄を半分利確しました♪

 

+35万くらいにはなったので、ここからは少しの間様子を見ていこうと思います♪

 

ここから上昇していく可能性も、下落していく可能性もどちらの十分に考えられるということだけは頭に入れておいてください♪

 

ということで今日の分析はここまで♪

 

LINE登録者限定でプレゼント企画をしたいと思っているので、LINE追加がまだの方は是非下記追加ボタンから、友達追加してくださいね♪

 

ということで今日は以上です♪

 

また明日~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です