業界用語は使わない!

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

今日の仕事術は、相手に説明する際に「得する人」と「損する人」についてです。

 

相手に説明するさいに、やたら業界用語やカタカナ語を使いたがる人がいます。

 

「ところでサービスの『ローンチ』はいつですか?」

 

「その件については、『アグリー』ですね!」

 

相手の知らない言葉を使えば「自分のほうがより知識がある」「より専門性が高い」とアピールできるでしょう。

 

パッと見はかっこいいかもしれません。

 

ですが、業界用語やカタカナ語をむやみに使う人は「損をする人」です。

 

こういった言葉を使うと、「自らの立場を高く見せようとしている」「プライドが高そう」と思われます。

 

もしそんな考えはなくても、相手にそう思われてしまっては損というわけです。

 

業界用語を使うとによるデメリットは印象が悪いというだけではありません。

 

業務が滞る、という「実利的な損」にもつながります。

 

相手が「ローンチ」の意味を分かっていなければ、きちんと意思疎通ができないことになります。

 

これは仕事において、マイナスでしかありません。

 

「ローンチ」は立ち上げと意味なのでその通りに言えばいいだけです。

 

「アグリー」は賛成という意味なのでそのまま言えばいいのです。

 

余計な言葉を使う事は仕事においてノイズ、トラブルのもとになります。

 

一方で業界用語を使わない人は「得」をします。

 

シンプルに、仕事に滞りがなく進むからです。

 

関わる人が全員が瞬時にわかる言葉を用いることで、連絡はスムーズになります。

 

なるべくわかりやすい言葉で話しましょう。

 

極端な話、小学生にもわかるような説明を心がけるといいでしょう。

 

また印象としても、謙虚で偉ぶらないように見えます。

 

相手に「同じ目線で接してくれる人」だと思われ、一目置かれることもあります。

 

これは結果的に「得」をします。

 

見習うべきはスポーツ中継のわかりやすい実況です。

 

野球の副音声でわかりやすい解説などをしているのを聞いたことはありませんでしょうか。

 

「外野フライに倒れましたが、タッチアップの成功です!バッターの打球は外野フライになりましたが、その間にランナーは2塁から3塁へ進みましたね!」

 

上記のように、野球を知らなくてもわかるような解説。

 

とても親切ですよね♪

 

同じように業界に詳しくない人でもわかるように、やさしく話す。

 

すると、仕事もうまくいきますし、印象もよくなります。

 

また、簡単に話すことでトラブルも減らすことができるでしょう♪

 

皆さんも相手と話すときは、なるべく誰もがわかるような言葉で話すよう心がけてみましょう♪

 

そうすることで、仕事が円滑に回るようになるかもしれません♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です