2020年7月9日 ドル円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日の記事更新のお知らせです♪

 

クロス円はほとんどの銘柄が上昇方向に向かっていますね♪

 

高値更新をする銘柄もいくつか見れます。

 

これは想定内だったので、ショート狙わなくてよかったなぁなんて思っています♪

 

そんなクロス円の中でもドル円は下落をしています。

 

一体ここからどういった動きをしていくのでしょうか?

 

今日はドル円について詳しく見ていこうと思います♪

 

では早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートのエリオット波動はカウントがややこしいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、前回想定と同じく赤のラインで反転している可能性が高いです♪

 

ここで反転している場合は、既に底時間に入っています。

 

なので、既に天井を迎えているという想定になります。

 

今のところ天井は青のラインです。

 

ここからダウントレンドに反転しているとみています。

 

そして、底時間に入っていることから、次くらいで直近安値を更新すれば、底が反転ポイントになる。

 

もしくは既に今の安値で反転している可能性があります。

 

ここからは上昇を疑っていかなければいけない相場になります。

 

ただ、エリオット波動でないテクニカル分析が赤のラインで反転している場合、青のラインを超得ない限りは、赤のラインを切る可能性が高いです。

 

青のラインを越えずに赤のラインを切らなかったら、イレギュラーになります。

 

ですが、今は青のラインを超えることも、赤のラインを切ることも少し難しい状態なります。

 

青のラインを超えるセオリーを辿るなら、急騰して、すぐに底をつける。

 

赤のラインをきるセオリーを辿るなら、急落して、底をつける。

 

どちらにしてもセオリーを辿ると、急な動きをしていく可能性があります。

 

もちろんこの可能性も0ではないですが、少し考えにくいとは思います。

 

なので今は、イレギュラーも想定しておきましょう♪

 

かといって急騰、急落を視野から外すのではなく、頭の片隅にでも入れておいてください♪

 

イレギュラーを想定していることから、ここから上昇していくなら、既に反転している。

 

直近安値を更新するなら、底が反転ポイントになるという想定で見ていこうと思います♪

 

一目均衡表では、ローソク足は雲の中にいる状態なので、少しレンジを続けるかもしれませんが、他のシグナルが逆転のシグナルを出していることから、もう少し下落を継続していくとみています。

 

なので、今のところは直近安値を更新するという目線で見ていこうと思います♪

 

4時間足のエリオット波動でないテクニカル分析では、赤のラインを切らないといいました。

 

ここを切らないとなると、日足もここで反転している可能性があるので、日足ではアップトレンドを継続していく可能性があります。

 

ここで、日足のチャートを見ていきましょう♪

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動も省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、4時間足同様赤のラインもしくはオレンジのラインで反転している可能性が高いです♪

 

先にオレンジのラインから説明しておきます。

 

結論から言うとこちらの可能性は低いです。

 

オレンジのラインからトレンドが継続している場合は、まだ底をつけていないということになります。

 

なので底をつけるために、日足の直近安値である赤のラインを切っていく可能性があります。

 

4時間足でもセオリーを辿るなら、赤のラインを切る可能性があるので、念のため日足でもここを切る可能性を想定しています。

 

ですが、オレンジのラインから、日足が反転しているとなると、既に底時間を大きく過ぎています。

 

オレンジのラインから底をつけていないのは、イレギュラーになります。

 

そして、オレンジのラインからトレンドが継続しているという想定だと、オレンジんラインを切って下落をしていくのが日足のセオリーです。

 

ただ、底時間んは過ぎているので、そうなると急落していくことになります。

 

イレギュラーにイレギュラーを重ねるようなものなので可能性としては低いと思いますが、想定しておくのとしていないのでは、対応の仕方も変わってくるので、念の為に書いておきます♪

 

オレンジのラインからだと急落してオレンジを切っていくということだけ覚えておいてください♪

 

上記でも言ったようにオレンジのラインの可能性は低く、今は赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

赤のラインで反転している場合はまだ反転したばかりなので、続伸の可能性が高いです♪

 

4時間足でも、イレギュラーではありますが赤のラインを切らない可能性が高いと出ているので、日足アップトレンドを継続していく可能性が高いです。

 

ここで注目しておいてほしいのが、前回トレンドの天井である黄色のラインです。

 

ここを超えない場合は、ダウ理論で行くと、ダウントレンドを形成していく可能性が高くなります。

 

逆に超えた場合は、ダウ理論でアップトレンドを継続していくことになります。

 

もし今回の日足の天井が黄色のラインを超えない場合は、日足がダウントレンドに入るのとともに、週足でもダウントレンドを形成していくことになります。

 

黄色のラインを超えた場合でも、週足の天井を越えなかった場合は、週足のダウントレンドに入っている可能性があります。

 

ということで週足のチャートを見ていきましょう。

週足のチャートです。

 

週足のチャートのエリオット波動も省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインで反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は、今のところ緑のラインが天井になります。

 

緑のラインが天井になってダウントレンドに入っていると、紫のラインを切っていく下落になる可能性が高いです。

 

そして、今は日足がアップトレンドを形成していく可能性もありますが、ダウントレンドを形成していく可能性も十分にります。

 

日足で黄色のラインを越えたとしても、週足のここを越えなければ大きな時間足のダウントレンドになるので、日足もダウントレンドを形成していく可能性が高い状況です。

 

今のところ、日足がアップトレンドに入る可能性もあるので一概に緑のラインを超える可能性が高い低いなどは言えません。

 

ですが、ここがポイントになるのは確かなので、緑のラインには注目しておきましょう♪

 

全体的に見て、4時間足は底が近づいてきていて、日足もアップトレンドに入っている可能性も想定できるので、4時間足の底でロングを狙うこともできます。

 

ですが、日足は週足の影響を受けてダウントレンドに入っていく可能性もあるので、ロングエントリーをしたとしても、大きな利益が見込めない場合もあるので、ロングをする際は着実に分割決済をすることをお勧めします♪

 

また、日足が黄色のラインを越えずに天井をつけた場合、もしくは超えても緑のラインを越えずに天井をつけた場合は週足のダウントレンドに乗るため日足の天井からのショートを狙います♪

 

私は、まだノーポジなので目先は4時間足の底時間を狙おうと思います♪

 

ということで、今日はここまでにいたします♪

 

ではまた明日~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です