2020年7月8日 豪ドル円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日の記事更新のお知らせです♪

 

本日も早速分析記事に移りましょう♪

 

今日は豪ドル円について分析予想していきたいと思います♪

 

では早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のエリオット波動はカウントが難しいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

赤のラインで反転している場合はエリオット波動でないテクニカル分析では底時間に入っています。

 

なので早急に底をつけてもおかしくない状況にあります。

 

既に底時間に入っていながらも高値を更新し続けるという、しつこい上昇をしましたね( ;∀;)

 

既に底時間に入っているので、青のラインからダウントレンドに反転している可能性が高いです。

 

もしここから青のラインを更新していくなら、既にどこかで反転しているか、イレギュラーが考えられるので、注意が必要になります。

 

ただ、まだイレギュラーという場面ではないので、ここからはダウントレンドを形成していく可能性で見ています。

 

既に底時間に入っているので、いつでも底をつけれる状態にいます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、赤のラインより上で反転していく可能性が高いと出ています。

 

そして、青のラインの高値から直近安値を付けているので、エリオット波動でないテクニカル分析では、反転十日は整っているので、反転は常に疑っておいてください♪

 

4時間足の一目均衡表では、今のところアップトレンドのシグナルを出しているものの、シグナルが近づいてきているので、逆転のシグナルを出していく可能性もあります。

 

それだと、エリオット波動でないテクニカル分析と兼ね合いが取れないので、少し難しい状況ではありますが、底が浅くつけるなら、そのまま好転のシグナルを継続という動き多もできるので、下落は浅く終わるとみています♪

 

そして、今は日足が既に反転している可能性で見ていくことになったので、4時間足は次のトレンドもアップトレンドを形成していくとみています♪

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう。

日足のチャートです。

 

日足のチャートのエリオット波動も省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では前回想定のオレンジのラインもしくはピンクのラインで反転している可能性が高いです。

 

前者の場合は既に、底時間に入っていますが、高値からの直近安値を更新していないので、ピンクのラインを切って底をつけることになります。

 

ですが、これでは4時間足が次回トレンドがダウントレンドを形成しないと成り立ちません。

 

4時間足は高値を更新していて、安値を更新していないので、ダウ理論ではアップトレンドに入っていく可能性が高いです。

 

なので、日足はオレンジのラインからの反転より、ピンクのラインで日足が反転している想定です。

 

ピンクのラインで反転している場合は、既にアップトレンドに反転していることになるので高値を更新していく可能性は十分に残しています。

 

ただ、100%高値を更新していくということではありません。

 

日足の高値は緑のラインになります。

 

ここを超える場合は、再度上昇方向に向かっていく可能性が高いです。

 

ですがここを越えなかった場合は、日足はダウントレンドを形成していく可能性が高いのでピンクのラインを切っていく可能性があります。

 

オレンジのラインからの反転だとピンクのラインを切る可能性が低いといいました。

 

これは、4時間足が、アップトレンドを形成できるかどうかということが関係しています。

 

オレンジのラインからでは、4時間足がアップトレンドを形成するのは難しいですが、ピンクのラインで日足が反転していれば、4時間足はアップトレンドを形成できます。

 

今は4時間足がアップトレンドを形成する可能性が高いため、オレンジのラインの可能性は低いということになります。

 

ピンクのラインの場合は緑のラインを超えるのか超えないのかに注目しておきましょう♪

 

ここを超えるのか、超えないのかで週足が天井を迎えているかいないかが決まってくるので、日足が上昇に向かっても緑のラインを超えるか超えないかには注目しておきましょう♪

 

ここで、週足のチャートを見ていきましょう♪

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインで反転していると見ています。

 

ここで反転している場合は先ほどもいいましたが、今のところ緑のラインが天井になります。

 

これは先ほども説明しましたので割愛します。

 

週足で絞れるのはここまでなので、豪ドル円に関しては日足や4時間足に注目しておくということになります。

 

他の銘柄であれば、4時間足の底でロングエントリーを狙うのですが、豪ドル円の場合、上昇がしつこかったので、下落が浅く終われば底が分かりにくいです。

 

なので、豪ドル円の4時間足の底は少し狙いにくいのかなぁっと思っています。

 

という事は、豪ドル円の狙い目は今のところ日足天井のみになります。

 

4時間足で底が分かりそうなら、4時間足も狙っていこうと思います。

 

なので本命は日足の天井でショートです!

 

まだエントリーはしていないので、ポイントまではじっくり待とうと思います♪

 

という事で今日は以上です♪

 

ではまた明日〜♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です