「おまかせ」で逃げない

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

ビジネスにおいて「お任せで」という言葉は損をします。

 

「細かいことは任せる」

 

「発注先はあなたの判断で決めてくれていいから」

 

「デザインや形式はお任せします」

 

こういったにもかかわらず、言われた通り進めると、「うーん、そういう事じゃないんだよね...。ちょっとやり直してもらえますか?」と言ってくる人がいます。

 

言われたほうも「いや、おまかせって言ったじゃん。いったいこれにかけてきた期間は何だったんだ。」となってしまいます。

 

「おまかせ」というと、相手を信頼している感じが出て、おおらかな人と思われます。

 

任せられるというのは、権利が与えられたようで、頼まれたほうもうれしい気持ちになるでしょう。

 

ですが結局後で文句を言った、やり直しを命じてしまうなら意味がありません。

 

そういう人は自分で考えるのをさぼって、「おまかせ」に逃げているだけなのです。

 

得なのは、自分で、イメージを固めてから、具体的に依頼することです。

 

しっかり目的も添えて依頼をすると、依頼されたほうも「なるほど、そういう事か」と納得して仕事を進めることができるはずです。

 

それでも「おまかせで」と言いたいのであれば、絶対に後から文句を言わないようにしましょう。

 

なので、バランスがいいのは「相手に任せるとこ」と「任せないところ」をきっちり線引きすることです。

 

どこまでが言う通りにやってほしくて、どこからがおまかせなのか。

 

底を伝えておけば、お互いに仕事がスムーズに進むようになります♪

 

手を抜くために「おまかせ」は言わないようにしましょう♪

 

おまかせをする場合も、しっかりと線引きしておきましょう♪

 

スムーズに仕事が進んで結果的に自分が得をすることになります♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です