2020年7月7日 ポンド円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

今日は早速分析に移りたいと思います♪

 

今日はポンド円について分析予想していきます♪

 

4時間足のチャートから見ていきましょう♪

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートのエリオット波動はカウントがややこしいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、前回と変わらず赤のラインで反転しているとみています。

 

ここで反転している場合は、既に底時間に入っています。

 

底時間に入っているということは、青のラインでダウントレンドに反転している可能性があります。

 

ユーロ円は昨日、高値更新を見せました。

 

そちらに合わせていくなら、ポンド円も高値を更新していく可能性はあります。

 

底時間といっても上昇余裕はまだ残しているので、十分に上昇の余地はあります。

 

豪ドル円やNZドル円等はしつこく上昇を続けています。

 

そして、昨日はユーロ円が高値を更新しました。

 

その兼ね合いからポンド円もしつこい上昇に付き合う可能性があるので、高値を更新していく可能性は十分にあります。

 

ですが、青のラインで天井を迎えている可能性もあります。

 

なので、今は高値は読みにくい状況にあります。

 

ですが、底時間に入っているのは確かなので、次の4時間足の底時間まで待てば、ここから高値を更新するにしても、しないにしても戦略は変わらないということがわかると思います♪

 

昨日、一昨日のブログでも言っているので狙い目はわかると思います♪

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、ダウントレンドに入っていたとしても、赤のラインは切らない可能性が高いと出ているので、ダウ理論で次のトレンドがアップトレンドになる可能性が高いです♪

 

4時間足の一目均衡表では、今のところ好転のシグナルを出していますが、遅行スパンがローソク足と近くなってきているので、ここからの相場の動きとともに、一目均衡表のシグナルにも注目しておきましょう♪

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう♪

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動も省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析ではオレンジのラインもしくは、4時間足の反転ポイント同様の赤のラインで反転している可能性が高いです♪

 

赤のラインの場合は、エリオット波動でないテクニカル分析では底時間に入っていないのでイレギュラーになります。

 

ですが、他の銘柄では既に日足はアップトレンドへ反転している可能性があります。

 

なのでそちらに合わせていくなら、ポンド円もイレギュラーながら上昇していく可能性は十分に想定できます。

 

赤のラインで反転している場合は、日足でアップトレンドに反転したばかりということもあり上昇していく可能性は高いです♪

 

ただ、日足のセオリーを考えるなら、オレンジのラインが妥当になってきます。

 

オレンジのラインで反転している場合は、赤のラインで日足は反転しておらずトレンドの継続の可能性が高いということになります。

 

そして、今は反転ポイントに入っています。

 

そして、ポンド円に関しては日足の下落余裕を、他の銘柄に比べて長めに残っている状態になります。

 

なのでじわじわと下げてきて、赤のラインを切って底をつけるということも考えられます。

 

ですが、そうなるとポンド円だけが単独の動きをするということになります。

 

もちろんその可能性もありますが、基本的には可能性は低いです。

 

そして他の銘柄が急落していく可能性というのも残っていますが、こちらも考えにくいです。

 

もしほかの銘柄が急落していくなら、ポンド円がダウントレンドを継続している可能性は十分にあります。

 

その場合は、オレンジのラインを切る下落をしていきます。

 

ポンド円的にはオレンジのラインを切ることは、そこまで難しくはないですが、他の銘柄との絡みを考えると、可能性としては低いのかなと思います。

 

なので、イレギュラーではありますが、ポンド円の日足も赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

日足の一目均衡表では、遅行スパンがローソク足をした抜いていきそうな状態にいます。

 

なので、下落の可能性にも注意が必要です。

 

ですが、アップトレンドのシグナルを出しているものもあるので、どちらに転んでもおかしくない状況にいるので、日足も相場の動きとともに、こちらのシグナルにも注目しておいてください♪

 

日足がアップトレンドに入っている可能性が高いとお伝えしましたが、前回トレンド想定の天井を越えないと週足でダウントレンドに入っている可能性があります。

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう♪

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動も省きます。

 

エリオッと波動でないテクニカル分析では、紫のラインで反転している可能性が高いと出ています。

 

ここで反転している場合は、今のところ天井が緑のラインになります。

 

日足はアップトレンドに入っているのでここを越えていく可能性は十分にありますが、ここを越えなかった場合は、週足では既にダウントレンドに入っている可能性が高くなります。

 

そして、緑のラインからダウントレンドに反転しているとなると、エリオット波動でないテクニカル分析の性質上、紫のラインを切っていく可能性が高いです。

 

そうなると大きな下落に繋がります。

 

なので4時間足の底時間でロングをしたとしても、日足の天井がここを超えないと、週足のダウントレンドの疑いがあるので、分割決済等を取り入れていかなければいけないということになります。

 

もし緑のラインを超えずに日足が天井を迎えるとしたら、日足の天井も狙い目になりますね♪

 

とここで、毎日ブログを読んでくれている人は、あれ?聞いたことがあるぞ?と思うかもしれません♪

 

そうなんです♪

 

昨日のユーロ円と狙うポイントはかなり似ています♪

 

ただ、そのタイミングが違ってくることになるので、どれかの銘柄の4時間足の底時間でを逃したとしても、似た相場があれば、もうすぐ反転と捉えられます♪

 

私が複数のクロス円を見ている理由の一つもこれがあるからです♪

 

複数の銘柄を持つことで、チャンスを広げれることになるなら、複数見る方がいいですよね♪

 

なので、できれば複数の銘柄を見るようにして下さい♪

 

私は、今回は4時間足の底時間と、日足の天井に注目していますので、それまではゆっくりエントリーポイントを待とうと思います♪

 

なので、まだノーポジです♪

 

ということで今日の分析はここまでにいたします♪

 

ではまた明日〜♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です