前置きは用件の後に

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

「あの、ちょっと相談があるんですけど。」

 

「相談って何?」

 

「今度〇〇さんが転勤になるじゃないですか。」

 

「あ、そうなんだ。」

 

「で、私すごく〇〇さんと仲良くて、お世話になっているじゃないですか?去年私が病気で休んだ時、得意先を全部フォローしていただいたし。いやでも私だけじゃないんだと思うんですよ。〇〇さん世話好きの人だから。それで…いやでも、あまり大袈裟なことをしちゃうのもどうかなって。かえって気を使わせちゃたらアレだし。でもなぁ… 」

 

このように、自分から人に話しかけておいて、なかなか用件を言わない人がいます。

 

先ほどの例で言えば、何となく〇〇さんの送別会、または〇〇さんへの贈り物について相談したいと言うのは、なんとなく伝わります。

 

でも、前置きが長いし、何が言いたいのかはっきりわからない。

 

なかなか本題に入ってくれない。

 

これはとても損な話し方です。

 

得をする話し方は、まず要件から話すことです。

 

そのためのコツとしては、とりあえず用件をひとつに絞ることです。

 

最初に用件を言えない理由は、相手に話したいことが多すぎて、用件を一言にまとめられないことにあります。

 

送別会のお店の相談もしたいし、贈り物の相談もしたい。

 

できればちょっとした出し物も一緒に考えて欲しい。

 

などと色々考えながら話しかけると、最初の例のようになってしまいます。

 

そこでまずは、最初にバシッと「ちょっとお店の相談なんですけど」と言ってしまいましょう。

 

それだけで相手は「なるほど、お店ね」とスッキリします。

 

それ以外の相談は、お店の相談が終わってからすればいいのです。

 

上司などへの相談も、要件から言いましょう。

 

だらだらと前置きが長いと上司は「俺も忙しいんだ」などと言ってあしらわれる可能性があります。

 

要件から先に伝えることで、上司もスッと話に入ってきてくれるでしょう。

 

ビジネスにおいては、とにかくシンプルなコミュねケーションが鍵です。

 

「〇〇を〇〇したい」のようにシンプルに伝えるようにしましょう。

 

用件から話すことで、しっかりと話を聞いてもらえ、結果的に得をすることにつながるでしょう。

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です