2020年7月5日 ドル円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日の記事更新のお知らせです♪

 

日曜日で相場も止まっていますが本日もしっかり記事の更新をしていきたいと思います♪

 

今日はドル円について分析予想していきたいと思います♪

 

では早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートのエリオット波動は3波と見ていましたが少し下がったところが1波の高値想定のところを切りましたので、今はアップトレンドの2波に位置している可能性が高いです。

 

アップトレンドの2波という事は、赤の起点のラインを切らないように再度上昇に向かう可能性が高いということになります。

 

そして、まだアップトレンドの2波なので、まだ3波と5波という上昇を残していることになります。

 

なので、さらに上昇をしていく可能性が大きいことになります。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、エリオット波動の起点と同等の赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は今のところ天井が青のラインになります。

 

ここを超えていけば、エリオット波動でないテクニカル分析では赤のラインを切らない可能性が高いです。

 

ですが超えなくても、切らない可能性は十分に想定できます。

 

なので、今は一概にここを切るとは言えない状況にいます。

 

既にダウントレンドに反転しているならダウントレンドの長さにより切る可能性も出てきます。

 

ただ、エリオット波動では今はアップトレンドの2波の可能性が高いことから、赤のラインは切らない可能性が高いです。

 

なので、今は赤のラインを切らない可能性が高いです。

 

なので、青のラインの高値を更新していく可能性も視野に入れておきたいと思います。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、底時間が近づいてきていますので、青のラインを越えず、赤のラインを切らずに底を付けていく可能性も想定されます。

 

なのでじょき2択があり少し絞りにくい状況にいる事が分かります。

 

ですが、逆に赤のラインを切らない可能性が高いという事が分かっているので、エントリーの狙い目は次の4時間足の底時間でロングという事が分かります。

 

直近でどう動くかわからないとなってもそれより先のポイントが一緒なら無理してここでエントリーする必要もない事が分かると思います♪

 

なので私はドル円は4時間足の底時間までは様子を見ようと思います♪

 

4時間足の一目均衡表では、転換線より基準線が上に言って、上向きになっていることや遅行スパンがローソク足に差し掛かっていることから、感覚的にはこのまま底時間に入るのかなぁとは見ています。

 

ただ青のラインを超える可能性も十分に考えられるので、そこにはあまり焦点を当てず、4時間足の底時間に焦点を当ててみていこうと思います♪

 

そして、赤のラインを切らないとなると、日足が赤のラインで反転していることから、4時間足は再度アップトレンドが形成されることが予想されます。

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう♪

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動は、カウントが難しいので省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、オレンジのラインもしくは赤のラインで反転している可能性が高いです♪

 

オレンジのラインで反転している場合は、前回反転ポイントからの継続ということになるので、まだ底を付けていない想定になります。

 

このラインで反転している想定なら、底を付けていかないといけないので、最低条件として赤のラインを切っていかないといけません。

 

ただ、日足の底時間の下落余裕は残りわずかとなっています。

 

なので、オレンジのライン反転想定なら急落していく可能性が想定されます。

 

ただ、この可能性であると、4時間足で赤のラインを切らない可能性が高いと出ているのもありますし、急落というのは想定し難いので、可能性としては低いと見ています。

 

なので、今は4時間足同様、赤のラインで日足も反転している可能性が高いと見ています。

 

ここで反転している場合は、まだ反転したばかりなので、アップトレンドを継続していく可能性が高いです。

 

ただ、ここで一つ気をつけなければいけないのが、黄色の前回トレンド想定の天井になるところです。

 

ここを超えないとダウ理論的に、ダウントレンドに入っていくことになるので、上昇方向に向かったとしてもここを超えるのか超えないのかには注目してきましょう。

 

日足の一目均衡表は今はシグナルをはっきりと出していないので、相場の向かう方向とともに、こちらにも注目しておいてください♪

 

日足が、黄色のラインを超えたとしても今は既に週足で天井を迎えている可能性があります。

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう♪

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では紫のラインで反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は、今のところ天井は緑のラインになります。

 

こうなると、週足ではここを超えない限り既にダウントレンドに入っているということになります。

 

まだ、日足がアップトレンドに入ったばかりなので十分に更新していく可能性はありますが、緑のラインはかなり高い位置にあるので十分に注意は必要になります。

 

もし緑のラインを越えなければ、週足的には紫のラインを切るダウントレンドを形成していく可能性があるので長期的な下落、幅の広い下落も視野に入れていかなければいけません。

 

なので、日足がアップトレンドを形成しているからと言って油断は許さない状況にあります。

 

週足だけではここの可能性を絞るのは難しいので、日足や4時間足などの動く方向に注目して、週足がダウントレンドを形成していく可能性があるという事を頭に入れながら相場を見ていきましょう♪

 

4時間足の底時間でロング狙いといいましたが、週足がダウントレンドの可能性があり、週足に対して逆張りになるかもしれないので、ロングをしたとしても欲張りはしません♪

 

なので着実に分割決済などを取り入れて、積極的に利確はしていこうと思います♪

 

また、週足がダウントレンドを形成している可能性もあるので、日足の次の天井が黄色のラインを越えなかった場合は、日足の天井でショートエントリーも狙っていこうかなと思います♪

 

私は今のところノーポジなので、じっくりエントリーポイントを待とうと思います♪

 

という事で今日の分析は以上にいたします♪

 

では、またあした~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です