2020年7月4日 豪ドル円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

土曜日で相場も止まっていますが、今日もしっかり分析予想していきます♪

 

今日は豪ドル円について分析予想していきたいと思います♪

 

では早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

4時間足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのラインの可能性は消え、今は赤のラインで反転している可能性が高いです♪

 

赤のラインで反転している理由としては、ピンクのラインから、下落しきれなかったことにあります。

 

今から再度安値を更新していくとなれば、エリオット波動でないテクニカル分析ではイレギュラーになります。

 

そして、既に底時間に入って時間が経っているので、急落していくことになります。

 

この可能性も0ではないですが、少し考えにくいと思うので4時間足のチャートにはピンクのラインは記載しておりません。

 

なので今は赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

赤のラインで反転している場合は、底時間に入りました。

 

そして下落余裕もまだまだ残しているのでダウントレンドに入っている可能性は高いです。

 

ただ、まだ続伸していく余裕も残しているので、高値を更新していく可能性も残しています。

 

底時間には入っているので、高値更新をしてもすぐダウントレンドに入っていく可能性が高いです。

 

どちらにしても、ダウントレンドに入ってる。

 

もしくはすぐにダウントレンドに入っていくということになります。

 

どちらの可能性を辿っても、エリオット波動でないテクニカル分析では赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

なのでダウ理論的には、次のトレンドもアップトレンドを長く形成していく可能性が高いです。

 

そして赤のラインを切らないという事は、4時間足の前回想定のピンクのラインで日足が反転している可能性もあるということになります。

 

日足の部分で詳しく説明しますが、日足のセオリーを辿るなら4時間足がイレギュラーを起こして、ピンクのラインを切る下落をしていく可能性もあるので、4時間足のイレギュラーも十分に想定しておきましょう。

 

4時間足の一目均衡表では、今のところすべて好転のシグナルを出しています。

 

ですが、エリオット波動でないテクニカル分析では、ダウントレンドに入っていく可能性が高いと出ているので、いくつか逆転のシグナルを出していく可能性もあるので、一目均衡表のシグナルにも目を配っておきたいと思います。

 

4時間足はダウントレンドに入って、安値を更新しないという予想です。

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう♪

 

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動も省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、オレンジのラインもしくは、ピンクのラインで反転している可能性が高いです。

 

オレンジのラインで反転している場合は、前回想定と変わらずの目線なので、まだ底を付けていないので安値を更新して反転していくという想定になります。

 

ただ、4時間足が赤のラインでアップトレンドに反転していて、このラインを切らないという事は、ピンクのラインも切れないということになってきます。

 

ピンクのラインを切れないとなると、必然的に日足がピンクンのラインで反転している事になります。

 

ただ、ピンクのラインで反転している場合は、日足目線でイレギュラーになります。

 

底時間に入っていないのに底を付けて反転しているということになります。

 

なので日足のセオリーを辿るならオレンジのラインで反転している可能性が高いということになるので、ピンクのラインを切って底を付けていく可能性が高いということになります。

 

ただ、下落の余裕はそこまで残していないことになるので日足のセオリーを辿るなら急落も頭に入れておかなければいけません。

 

ただ、日足では他銘柄で既に日足反転している銘柄があるのでそちらに合わせて反転していっている可能性もあるので、イレギュラーは十分に想定できます。

 

なのでどちらの可能性も想定できる状況にあるので、オレンジのラインの反転の可能性、ピンクのラインの反転の可能性両方を意識しながら相場を見ていきましょう♪

 

個人的には、月曜日から水曜日にかけて相場が下落方向に向かわなかった場合は、日足もピンクのラインで反転している可能性が高いと見ていこうと思います♪

 

なので、今は両方を視野に入れてみていこうと思います♪

 

日足がアップトレンドに入っても、週足が天井を迎えている可能性があるので、週足のダウントレンドの可能性があります。

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう♪

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動も省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では紫のラインで反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は、先ほども言いましたが今のところ緑のラインが天井になります。

 

日足がアップトレンドに入っても、ここを超えない限りは週足天井を迎えていて、週足のダウントレンドを辿っていくことになるので小さい時間足の上昇が押さえつけられる可能性があります。

 

なので、日足がアップトレンドに入ってもこのラインを超えるのか超えないのかに注目しておきましょう。

 

また、緑のラインを越えずに下落に向かった場合は、紫のラインを切る恐れもあるので、長期的な下落も想定していかなければいけません。

 

緑のラインを超えれば週足もアップトレンド継続ということになるので、続伸の可能性は十分に考えられます。

 

週足で想定されるシナリオはこれくらいなので、週足は緑のラインを超えるのか超えないのかを最低限頭に入れておきましょう♪

 

全体的に見て、豪ドル円は4時間足は既に反転していて、ピンクのラインを切らずに反転していく可能性と、日足に合わせてのイレギュラーを辿り、安値を更新していく可能性とがあります。

 

日足にはピンクのラインでアップトレンドに入っている可能性と、オレンジのラインから反転していて、底を付けるために安値を更新していく可能性の2通りがあります。

 

ただ、4時間足の可能性と日足の可能性はある程度リンクしているので、大きく言えば2通りの可能性になります。

 

目先の注目ポイントは、4時間足がどちらに向かうかです。

 

急落していく可能性を辿るなら日足のセオリーを辿っていくことになります。

 

続伸または、起点の赤のラインを切らずに下落して底を付けるなら、日足もイレギュラーで反転している可能性でとらえていこうとお思います♪

 

なので今はトレードを考えていませんが、日足が既にアップトレンドに反転しているなら、緑のラインを超えていく可能性もあるので、4時間足の底時間でロングを狙っていこうかなと思います♪

 

まだ先の話なので目線は変わるかもしれませんが、暫定的にはこれでいこうと思います♪

 

という事で今日の分析はここまでに致します♪

 

ではまたあした~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です