言霊の力

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

「言霊(ことだま)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

言霊とは簡単に言えば、口にした通りの現実を引き寄せる言葉に宿っている、力のことで、1200年ほど前から日本では「よき言の葉はよきものを招き、悪き言の葉は災いを招く」と考えられてきました。

 

てきぱきと行動する、いわゆる「すぐやる人」は言葉の力を信じています。

 

なので後ろ向きな言葉ではなく、前向きな言葉を意識的に使っています。

 

例えば、「できない」「だって」と言い訳をする代わりに、「だから、次は」「どうすればできるか」と前向きにとらえます。

 

なぜなら、後ろ向きな言葉を使うと、行動が消極的になってしまうからです。

 

「やれない人」は後ろ向きの言葉を多く使い、言葉の持つ影響力に注意を払いません。

 

心理学者のリチャード・ワイズマンは言葉がどれほどの人の感情や行動に影響するのかを研究したのですが、私たちは触れる言葉の影響を無意識に受けている事が分かっています。

 

ワイズマン教授は被験者に単語が書かれた複数のカードを正しい順番に並べ、それらが文章になるように、速く、正確に並べるように指示しました。

 

1回目の実験では、「若い」や「素早い」といった単語のカードを用意します。

 

2回目の実験では、「年老いた」や「遅い」といった単語のカードを用意しました。

 

そのあとワイズマン教授は被験者の歩く速さを測定しました。

 

すると1回目の実験のカードを使った被験者のほうが歩くスピードが速くなったのです。

 

また別の実験では、「イライラ」や「せっかち」といった言葉を使いました。

 

そして、カードを並べ終えたとき被験者が実験終了の合図であるベルをどれだけ頻繁にならすかを測定しました。

 

すると、他の被験者よりも「イライラ」などという言葉を使った被験者のほうが、はるかに数多くベルを鳴らす事が分かりました。

 

つまり、ポジティブな言葉もネガティブな言葉も、どちらも私たちが気づかないところで影響力を持っているという事です。

 

モハメドアリは「俺は強い」「俺は勝」といった自己暗示でとても有名です。

 

イギリスの大学の研究によると、自己暗示によって私たちのパフォーマンスは高まるということもわかっています。

 

この研究によると、「私はできる。次こそうまくいく」などと絶えず独り言を発していたグループのほうが、メンタルトレーニングをしていたグループよりもパフォーマンスが高かったのです。

 

また。声に出すことは、モチベーションを高める効果もありました。

 

つまり、心の中でつぶやくよりも、声に出すことでパフォーマンスも行動力も高まるという事なのです。

 

このように言葉には影響力があります。

 

何度も何度も前向きな言葉のパターンを繰り返すことで、脳内に新しい回路が作られていきます。

 

「楽しそう。でも今は時間がない」を「楽しそうだから時間を作ってみよう。」

 

「やってみたい。でも自分にはできない。」を「やってみたいから詳しい人に聞いてみよう。」

 

これらのように「でも」をだからに変えてみましょう。

 

「やれない人」はやらない理由を探すのが得意なので、無意識のうちに「でも」を探してしまう回路が出来上がってしまっているのです。

 

すると、前向きなれる場面でも「でも」を探してしまいます。

 

だからと言って「すぐやる人」は後ろ向きな言葉は使わないのかというと、そうではありません。

 

感情に素直になり、時に感情を吐き出して気持ちのリセットをしますが、それは限定的で普段は前向きな言葉を選択しているものなのです。

 

「でも」を急になくすのは難しいことかもしれません。

 

ですが、意識することで少しづつ「だから」という回路に切り替えていけるようになるので、まずは「でも」より「だから」を探すことに意識を向けてみましょう♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です