2020年6月29日 ポンド円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

今日からまた相場も動き出すので、今週も頑張っていきましょう♪

 

そんな今日はポンド円について分析予想していきたいと思います♪

 

では早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

4時間足のチャートです♪

 

4時間のエリオット波動は、アップトレンドの修正3波もしくは、新しいエリオット波動を形成している途中と見ています。

 

前者の場合は、前回と変わらずの目線になります。

 

なので安値を更新していく可能性が高いということになります。

 

後者の場合は、既に上記のエリオット波動は終了しており新しいエリオット波動を形成している可能性があるので、安値を更新せずに上昇していく可能性もあります。

 

エリオット波動でないテクニカル分析でもピンクのラインもしく赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

ピンクのラインで反転している可能性はこちらも前回同様の目線になりますので、この可能性を辿る場合は安値を更新していく可能性が高いです。

 

この場合は、既に安値を更新しているのであとは底時間まで下落していくということになるので、青のラインは超えていかないことになります。

 

そして、まだ安値を更新していないですが、既に底時間には入っているので安値を付けた地点で反転ポイントに入っていくことになります。

 

赤のラインの場合は既にここで底を付けて反転しているという想定になりますので安値を更新していく可能性よりは、アップトレンドに入って高値を更新していく可能性が高いです。

 

ですがこの可能性の場合は、4時間目線ではイレギュラーになるので、少し不自然になります。

 

なのでこの可能性は低いと思います。

 

他の銘柄ではこの赤のラインで日足が反転ポイントに入っている銘柄があるんので、日足反転に合わせてイレギュラーになっていく可能性はありますが、ポンド円に関しては、赤のラインで日足は反転ポイントに入っていません。

 

なので、4時間足でも赤のライン反転の可能性はそこまで高くないのかなと思います。

 

ただ、ポンド円の日足を遅行銘柄ととるなら、先行銘柄が反転ポイントに入っていることになるので、そちらに合わせて日足もイレギュラーで反転していく可能性はあります。

 

なので、100%赤のラインで反転していないといえる状況ではないという事は頭に入れておきましょう♪

 

4時間足の一目均衡表では、今のところダウントレンドのシグナルを出しています。

 

なので続落の可能性は高いと思いますが、シグナル自体は近い位置にあるので、相場が動いた場合はこちらにも注目しておきましょう♪

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう♪

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析ではオレンジのラインもしくは赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

赤のライン反転の場合は、先ほど説明したように、先行銘柄が反転して、そちらに合わせてイレギュラーで反転していくという可能性です。

 

なので可能性としてはあまり高くないです。

 

オレンジのラインで反転している場合は、前回の目線から変わりません。

 

ここで反転している場合は緑のラインがダウントレンドへの反転ポイントになります。

 

ここでダウントレンドに反転している場合は、エリオット波動でないテクニカル分析では、オレンジのラインを切っていく可能性が高いと出ています。

 

なので、続落していく可能性が高いということになります。

 

ポンド円の日足に関しては、まだ底時間には入っていないので、続落していく余裕は十分にあるので安値を更新していく可能性が高いです。

 

ですが、先ほどお言っているように先行銘柄に合わせる動きをするのなら、赤のラインで反転している可能性も考えられるので、ポンド円は注意が必要です。

 

先行銘柄が反転したとなればポンド円もイレギュラーで反転している可能性があるの十分に注意しましょう♪

 

日足の一目均衡表では、雲とローソク足以外はアップトレンドのシグナルなので、反転したという可能性も考えられますが、シグナルは下向きになっているので、下落方向にシグナルを出していく可能性も考えられます。

 

今のところポンド円はセオリーを辿るのであれば、安値を更新していく可能性が高いですが、イレギュラーも想定されるので注意はしておいてください♪

 

そして、緑のラインが日足の天井といいましたが、週足でもここが天井となり下落していく可能性が高いです。

 

ここで、週足のチャートを見ていきましょう♪

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動は、紫のラインで反転していると見ています。

 

ここで反転している場合は緑のラインを超えない限りは紫のラインを切っていく可能性が高いです。

 

そして、今は緑のラインから日足がダウントレンドに反転している可能性があります。

 

そうなると、緑のラインを超えるのは少し難しくなるので週足でもダウントレンドに入っていく可能性が想定できます。

 

ただ、日足がイレギュラーで反転していく可能性もありますので、この緑のラインを超えていける可能性もあるので、日足の動きには注目しておきましょう♪

 

全体的に見て、ポンド円は以前からの目線と変わらないですが、日足の先行銘柄が反転していく可能性で、遅行銘柄とみているポンド円がそちらに引っ張られる可能性があります。

 

なので、今は小さい時間足に注目しながら日足の動きに気を配っておいて下さい♪

 

ポンド円のポジションは以前からの目線と変わらないので、ポジションはそのままにしておこうと思います♪

 

ちなみに今のポジションはこちら↓

以前からずっと変わっていません。

 

相場があまり大きく動かないので、はっきりと動くまでほポジションはこのままになると思います♪

 

良いエントリーポイントでエントリーするとこのようにポジションを長く持ち続けられるようになり資金操作もやりやすくなります。

 

それが大きなリスクヘッジにつながるので、エントリーポイントはなるべくここぞというときにすることをお勧めします♪

 

という事で今日の分析はここまでです♪

 

また明日~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です