2020年6月27日 ドル円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんばんは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

今日は相場も止まっているので、しっかりと分析していきましょう♪

 

今日はドル円について分析予想していきたいと思います♪

 

では早速4時間足のチャートから見ていきましょう♪

 

4時間足のチャートです♪

 

4時間足のチャートのエリオット波動はアップトレンドの修正3波もしくは、それが終了して新しいアップトレンドを形成している最中と見ています。

 

修正3波の可能性を辿る場合は、ピンクのラインを切っていく可能性が高いとみています。

 

新しいエリオット波動を形成しているとみる場合は、その可能性は低いと思います。

 

どちらの可能性も十分に考えられる相場になってきたということになります。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、以前からのピンクのライン反転の可能性と、赤のラインでの反転の可能性が想定されます。

 

4時間足単体で見るなら、赤のライン反転はイレギュラーなので可能性は低いです。

 

ですが、赤のラインで日足は反転ポイントに入っています。

 

相場は大きな時間足が力を持っているので日足の反転に合わせるなら、4時間足も反転していくことになります。

 

ピンクのライン反転の場合は、底時間に入っておらず、まだ底を付けていないということになるので、赤のラインを切って下落していくことになります。

 

ピンクのライン反転の想定なら、青のラインを超えることはないので、上昇に向かっでここを超えるとなれば、日足に合わせて赤のラインで4時間足も反転している可能性が確定します。

 

このように4時間足単体ではシナリオが多く想定されます。

 

なのでドル円は少し難しい相場に位置している事が分かります。

 

他の銘柄では、安値を更新していくという可能性が高い中ドル円は、日足反転の可能性があります。

 

他銘柄との兼ね合いをとるのか、日足と4時間足のとの兼ね合いをとるのか。

 

どちらの可能性も十分に想定できます。

 

4時間足の一目均衡表では、今は三役好転になったので上昇してく可能性が高いです。

 

ですが、シグナル自体は近い位置関係にあるので、逆転のシグナルを出していくことも容易なのでしっかりと様子を見ておこうと思います。

 

上記の通り4時間足だけではドル円は少し読めない相場にあります。

 

なのでここから日足のチャートを見ていきましょう♪

日足のチャートです♪

 

日足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では前回からの想定のオレンジのラインと先ほど4時間足で説明した赤のラインで反転している可能性が高いです。

 

オレンジのラインで反転しているん場合は、ここを切る可能性も、切らない可能性も想定できるという事は、以前の記事でも紹介していると思います。

 

オレンジのラインで反転している場合は、前回と目線は変わらないので詳しくはこちらからどうぞ↓

 

2020年6月23日  ドル円日記💕

 

赤のラインで反転している場合は、日足反転ということになるのでここから上昇していくことになります。

 

日足はここで底時間に入っているので、可能性は十分にあります。

 

赤のラインの場合、イレギュラーもないので、可能性は高いと思います。

 

ただ、オレンジのラインからトレンドを継続させている場合でも、まだ下落余裕があります。

 

なので、4時間足がセオリーを辿るために、ダウントレンドを継続させていくという可能性も十分に想定できます。

 

日足の一目均衡表はまだ、ダウントレンドのシグナルを出しているのもありますし、他の銘柄では安値を更新している銘柄も出てきているのでそちらに合わせていくなら、ドル円も安値を更新していく可能性が高いです。

 

オレンジのライン継続のほうが4時間足もイレギュラーを起こさなくて済むので、こちらのほうが自然です。

 

ですが、日足が反転ポンとに入っているのでここはじっくり様子を見る必要がありそうです♪

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう♪

 

週足のチャートです♪

 

週足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、紫のラインで反転している可能性が高いです。

 

こうなると、今のところ週足の天井は日足と同じく緑のラインになります。

 

なので、日足がこのままダウントレンドの可能性を辿っていくなら、週足的にもダウントレンドン入っていく可能性があります。

 

逆に日足がアップトレンドへ反転しているという想定ならここを超えていく可能性も十分に残しているので、週足のアップトレンドを継続させていくことになります。

 

後者の場合は、アップトレンドに入ったとしても、緑のラインを超えない限りは、週足ではダウントレンドに入っていくことになるので、日足が反転に向かった場合は、週足でもダウントレンドに入っていないかということに気を配っていく必要があります。

 

上記の事からどの時間足でも非常に難しい局面にあるという事が分かると思います。

 

可能性としては4時間足がイレギュラーにならないように、以前から想定の可能性を辿るほうが高いと思っていますが、日足で底を付けた可能性があるためこちらも確証は持てません。

 

正直どちらに転んでもおかしくない状況なので、まずはシナリオを確定させるために、静観するというのが得策になると思います。

 

もし、4時間足でピンクのラインを切っていくなら、切ったところが底時間ということになるのでそこからのロングを狙おうと思います。

 

上昇していった場合は、トレンドを逃してしまうので少しもったいないのですが、リスクを考えると、静観が得策だと思います。

 

いつも言っていますが、相場を当てることが目的ではないです。

 

いかに損失を抑えて、利益を拡大できるかが、FXで勝ち続けられるコツです。

 

FXはギャンブルでもありません。

 

なのでこういった難しい相場はトレードしないのも一つのリスクヘッジになることを覚えておいてくださいね♪

 

私はドル円は以前に決済しているので、ノーポジなので、このままノーポジで様子を見ていきます♪

 

今のポジションはこちら↓

少し前から減ったり増えたりを繰り返していますね。( 一一)

 

ですが、ここで一喜一憂していてはポジポジ病になりかねないので、小さな値動きはあまり気にしません♪

 

大きく局面が変わるまではこのままでいこうと思います♪

 

という事で今日の分析はここまで♪

 

ではまた明日~♪

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です