2020年6月26日 豪ドル円日記💕

 

FX専業トレーダーのさくらです♪

 

↓記事を読む前にクリックして応援してくれたらうれしいです♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪
友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

 


 

チャートについて

 

一目均衡表のチャートを使用しています♪

 

基準線が青色

 

転換線が赤色

 

先行スパンAがオレンジ

 

先行スパンBが紫色

 

遅行スパンが黄緑色

 

先行スパンAとBで囲まれた縦縞の部分が雲です♪

 


 

こんにちは♪

 

本日の記事の更新です♪

 

クロス円は昨日より少し戻した感じになりますね♪

 

このままイレギュラーを出していくのでしょうか…。

 

そんな今日は豪ドル円について分析予想していきたいと思います♪

 

今日はMT5の調子が悪いみたいで、出先でPCもないので急遽チャートを他のアプリに変更しています…。

 

ご了承下さい( ;∀;)

 

ということで早速4時間足から見ていきましょう♪

4時間足のチャートです。

 

4時間足のチャートのエリオット波動は、現在アップトレンドの修正3波に位置しているとみています。

 

修正3波ということは、以前から言っていると思いますが、安値を更新していく可能性が高いです。

 

ですがこれはあくまで傾向なので切らない可能性も十分にあります。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、ピンクのラインで反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は、青のラインが天井になるということになります。

 

青のラインが天井になるなら、エリオット波動でないテクニカル分析ではここを超えない限りピンクのラインを切っていく可能性が高いと出ています。

 

なので今のところ青のラインの天井更新を見せていないのでピンクのラインを切っていく可能性が高いとみています。

 

今は4時間足も底時間に入っていて、下落余裕の中でダウントレンドを更新していくと思っています。

 

日足も反転ポイントに入ってますが、底をつけていないので安値を更新していく可能性は高いと思います。

 

4時間足の一目均衡表では雲の中に相場があります。

 

ここを上抜いていくのかした抜いていくのかで、トレンドの方向が決まることになると思います。

 

今のところ、雲以外ではアップトレンドのシグナルを出している一目均衡表ですが、シグナルの位置関係はかなり近い位置にいるのでどちらに転んでもおかしくないです。

 

なので相場の方向次第ではシグナル転換が出てくることがあると思うので、こちらにも注目しておきましょう♪

 

ただ日足と4時間足の関係性を考慮すると、日足は底時間に入っていますが、底をつけていないので、4時間足が既に反転しているとなると日足でイレギュラーになるので可能性としては低いと思います。

 

なので4時間足目線でもピンクのラインを切っていく可能性が高いと想定しています。

 

ここで日足のチャートを見ていきましょう。

日足のチャートです。

 

日足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では、日足はオレンジのラインで反転している可能性が高いです。

 

オレンジのラインで反転している場合は、既に天井(緑のライン)を出していてダウントレンドを辿っている最中だと思います。

 

そして、日足は底時間に入りました。

 

日足のエリオット波動でないテクニカル分析ではオレンジのラインを切る可能性は低いと出ています。

 

なのでオレンジのラインを切らないように反転して上昇方向に向かう可能性が高いです。

 

ですが、日足にも下落余裕はあります。

 

少しでも下落が長引くことになれば、オレンジのラインを切っていく可能性も出てくるので注意は必要です。

 

ただ、今の相場位置からオレンジのラインの距離を見ると少し遠いので、オレンジのラインを切るのは少し難しいかなと思っています。

 

もし切っていくのであれば、ダウントレンドを形成していく可能性になります。

 

他の銘柄の日足では、下落して安値を更新する可能性も出てきているので豪ドル円も切らないと断定はできません。

 

なので、4時間足の動きをしっかりとらえながら、日足が底を切るのか切らないのかに注目しておきましょう。

 

もし4時間足が反転して再度ダウントレンドを形成していくことがあれば、日足目線でもダウントレンドを継続していく可能性が高いので、下落には注意しましょう。

 

日足の底を更新するのかしないのかで、週足のトレンドも大きく変わってくることになるので、オレンジんのラインを切るか切らないかには注目です!

 

ここで週足のチャートを見ていきましょう。

週足のチャートのエリオット波動は省きます。

 

エリオット波動でないテクニカル分析では紫のラインで反転している可能性が高いです。

 

ここで反転している場合は、日足がこのままダウントレンドに入るなら、週足の天井も緑のラインになる可能性が高いです。

 

そうなると、週足のエリオット波動でないテクニカル分析では紫のラインの安値を更新していく可能性もあります。

 

もしそうなれば、週足目線の大きなダウントレンドにつながることになるので十分に注意はしておいて下さい。

 

ただ日足ではまだ安値を更新していくと決まったわけではないので、週足的には、まだアップトレンドを継続していける可能性は十分にあります。

 

週足ではシナリオを絞るのは難しいので、やはり小さい時間足に注目しておきたいところです。

 

日足がオレンジのラインを切らないように反転していくなら、週足でアップトレンド継続の可能性があるので、日足の底時間でサイズを小さくしてロングを狙おうかなぁとも思っています♪

 

ですが、この際保有しているショートは決済しません。

 

下落の可能性もあるので、どちらに転んでも利益は確保できるようにショートはある程度可能性が確定していくまで様子を見ようと思います♪

 

全体的に見て豪ドル円は下落の流れが強いとみていますが、イレギュラーなども考えられるため、すこし難しいです。

 

ですが、上記でも説明したように優勢なのは続落とみています。

 

今のポジションはこちら↓

チャートは不具合があるのですが、ポジションは見れています(笑)

 

ということで今日の分析はここまでに致します♪

 

何かわからないこと等あればいつでもLINEでメッセージくださいね♪

 

ということで、また明日~♪


 

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 

少しでもいいなと思ったら、

 

↓ここをポチっと押して応援してくださいっ♪

 


 

公式LINEを追加すると、相場についての分析や予想がリアルタイムで受け取れます♪

 

LINEのお友達限定でお得な情報や分析などを配信するかも…?♪

 

そしてさらに今ならLINE追加してくれた方限定で、私の記事の内容がより理解できる無料レポートを配布してます♪

 

↓ココを押して今すぐ無料レポートを受けとりましょう♪

友だち追加

 


 

↓Twtterでしか発信しない情報もあるのでTwitterのフォローもお願いします♪
S__447733770.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です